雨漏りの原因は?なぜ1階から起きる?対処法を紹介します!

 

2階建ての建物なのになぜか1階から雨漏りが起きている!

 

「雨漏りって、屋根からするものではないの?」

 

「2階は何ともないのに、なぜ1階だけ!?」

 

このように、疑問に感じる人がほとんどだと思います。

 

でも、1階から雨漏りが起きるのには原因があり、普通に起こりえることなのです。

 

今回は、1階から雨漏りが起きる原因と対処法をご紹介していきます。

 

はるこ
もしかして怪奇現象?

 

あつし
実は、1階から雨漏りが起きることはそれほど珍しいことではないんだ。

 

1階から雨漏りが起きる原因

 

1階から雨漏りが起きる原因は、4つ考えられます。

 

  • 外壁のひび割れ
  • 窓サッシの隙間
  • バルコニーの床のひび割れ
  • 2階に水回りの設備がある

 

では、ひとつづつ見ていきましょう。

 

外壁がひび割れしている

外壁がひび割れしていると、横殴りの大雨が降った時にひび割れの隙間から水が漏れてしまうことがあります。

 

また、外壁と外壁の間の小さな隙間から水が漏れることがあります。

 

外壁と外壁を繋ぐシーリング材が劣化していることが原因です。

 

外壁がひび割れしていないか、シーリング材が劣化していないか確認しましょう。

 

窓サッシに隙間が空いている

窓からの雨漏りも、窓サッシにひび割れが起きていたり、シーリング材が劣化していることが原因で隙間から水が漏れてきます。

 

長年の経過により劣化してこのようなことが起きてしまうことがあります。

 

でも、業者が施工不良によって適切な処理をしていない場合もあります。

 

バルコニーの床がひび割れしている

1階の天井部分がバルコニーで、バルコニーの床がひび割れしている場合、1階から雨漏りが起きる可能性があります。

 

バルコニーは、雨にさらされることが多いのでその分床が劣化しやすくなります。

 

劣化により床がひび割れするとその隙間から1階に雨漏りが発生してしまいます。

 

さらに排水溝が詰まっているとバルコニーに水たまりができやすく、余計に劣化を進行させてしまいます。

 

2階に水回り設備がある

2階に風呂、キッチン、トイレなどの水回りの設備がある場合、1階に水が漏れてくる可能性があります。

 

2階の給水配管が壊れているとそこから水が漏れ出し、1階に水が漏れてしまうのです。

 

2階部分の水回り設備がある場合は、給水配管に異常がないか確認してみましょう。

 

雨漏りの危険性

 

ここで、雨漏りの危険性をお伝えしたいと思います。

 

雨漏りをただ水が漏れているだけと甘く考えてはいけません!

 

雨漏りを放置していると段々と家の木材部分がダメージを受けて朽ちていきます。

 

木材が朽ちていくことでそこからシロアリの被害が生まれ、二次災害が起きてしまいます。

 

他にも木材がダメージを受けることで、耐震強度が低下してしまいます。

 

カビの発生による健康被害やコンセントに水が流れ込むと漏電の原因になります。

 

たかが雨漏り。されど雨漏り。

 

このような2次被害を起こさないためにも、楽観的に考えるのではなく早急に対処する必要があるのです!

 

1階から雨漏りが起きた時の対処法

 

では、1階から雨漏りが起きた時の対処法をご紹介しますね。

 

まずは応急処置

雨漏りが起きてしまった時に最初にやらなければならないのは応急処置です。

 

即座に漏れてくる水をバケツや、雑巾などを敷いて1階の床を濡らさないようにしましょう。

 

給水シートがあれば吸水シートを使うことをオススメします。

 

応急処置をしないと床がダメージを受けたり、コンセントに水が漏れることで漏電の危険性があります。

 

雨漏りの原因を突き止める

次にしないといけないのは雨漏りの原因を突き止めることです。

 

雨漏りの原因が分かればどのように対処していけば良いか分かります。

 

例えば、外壁のひび割れによって雨漏りが起きているのであれば外壁の修繕をすればよいですよね。

 

2階の給水配管が破損によって水が漏れし、雨漏りが起きているのであれば、給水配管の修理とやらなければいけないことが見えてきます。

 

雨漏りが起きるたびに応急処置で済ましていては、根本的な解決にならないのでしっかりと原因を突き止めて対処していく必要があります。

 

原因に応じた対策を行う

原因が分かれば次は対処を行います。

 

まずは、自分の力で解決できることなのか、専門の業者を頼まないと解決できないかを考えましょう。

 

外壁の軽いひび割れを直すぐらいであれば、自分自身で修理することも可能です。

 

しかし、給水配管の故障など、自分自身で修理することが難しい場合もあります。

 

そういった場合は、専門業者に修理をお願いした方がよいでしょう。

 

自分自身でやるよりもお金はかかりますが、それでも雨漏りの悩みを簡単に解決できると思えば安いものだと思います。

 

修理を先延ばしにしていては、2次災害などの新たな問題ができ、余計にお金がかかる可能性もあります。

 

このような理由からも、専門の業者に任せて早急に対処するのがおすすめです。

 

1階から雨漏りが起こる原因と対処法まとめ

 

一階から雨漏りする原因と対策
  • 外壁、窓サッシ、バルコニーのひび割れなどから雨漏りが起きる
  • 2階の水回り設備の破損により雨漏りが起きる
  • 雨漏りをほっておくと大きな被害に繋がる可能性がある
  • 自分で対処できない場合は専門業者に頼むのがおすすめ

 

今回は、1階で雨漏りが起きる原因と対処法についてご紹介しました。

 

1階で雨漏りが起きるのは怪奇現象でもなんでもなく、しっかりと原因があることがわかりましたね。

 

雨漏りを放置しておくと思わぬ危険性があるのですぐに対策を打つことをおすすめします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

外壁や屋根のことでお困りではありませんか?

業者に問い合わせたら、営業されそうで心配・・・

問い合わせるまでもないけど、ちょっと聞きたい。

など、いつでも無料で相談にのります!

特に築年数が経過した実家リフォームが得意です。

気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です