雨漏りの原因調査法をご紹介!天井の異変の元は屋根の劣化?

 

雨漏りの原因は屋根の劣化が多いと言われています。

 

屋根は、直接雨水があたるので、長い年月が経てばだんだん劣化していきます。

 

そうならない為には、早めに原因を見つけて修理をしないといけません。

 

そこで今回は、雨漏りの原因の調査方法について調べてみました。

 

また、業者が来るまでに自分でできる応急処置もご紹介します。

 

ぜひ、最後まで読んでみて下さい!

 

雨漏りの原因調査の種類

 

雨漏りの調査には色々な調査方法があります。

 

雨漏りがしているので修理すれば良いわけではなく、調査して雨漏りの原因を特定することが大事です。

 

散水調査

散水調査は雨漏りを止めるために大事な調査になります。

 

雨漏りの侵入場所を特定するために散水をして、発見することができます。

 

この調査には水道水が必要なので、調査するにあたって在宅しなければいけないというデメリットもあります。

 

雨の日には場所を特定できないので、散水調査は晴れた日に行います。

 

ポイント
この散水調査は誰でもできるのではなく「マイスター制度」というものがあり、研修や試験に合格した人が調査を行います。

簡単にできそうで、そうでもないのが散水調査なのです。

 

目視調査

業者の人の目で直接見てたしかめる方法になり、プロの目で見て大体の原因を特定するために行います。

 

建物や屋根の状態を把握して雨水の侵入口を予測します。

 

瓦が欠けていたり、屋根が割れていたり、板金が浮いていたり、カビの発生を確認したりと色々な原因を目視にて調査します。

 

発光調査

雨漏りの場所がおおよそ特定できたら、その侵入口から発光液の入った液体を流してみます。

 

その液体の通り道を特殊な機器で確認し確定します。

 

この液体は建物への負担がなく変色なども起こらないため安心できます。

 

レインボービューシステム
雨漏りの場所を特定するために7色に発光する液をつかった新技術の調査になります。

レインボービューシステムのおかげで、細かい箇所まで特定することが可能になりました。

しかも、どんな建物にも対応し、雨漏りの通路を即座に特定するので時短にもなります。

 

はるこ
あっくん、雨漏りの調査って色々な方法があるのね!

 

あつし
そうだよ母さん。どの調査にしても知れば知るほど奥が深いんだよ。

 

屋根の雨漏りの原因に関する知識

 

普段の生活の中で、屋根の様子はなかなか見ることはないでしょう。

 

たとえ傷んでいたとしても、気づかずにそのまま生活していることが多いのです。

 

天井から水が落ちてきたことで、初めて屋根が劣化しているのでは?と気づく人もいるでしょう。

 

屋根の異変といっても原因は様々あります。

 

板金の劣化

屋根の雨漏りの原因の70%以上が板金の劣化によるものです。

 

板金とは、建物を雨水から守るために、雨水を流すための物で防水施工されています。

 

この板金はすべての屋根につけられています。

 

屋根は、水がたまりやすいところに板金をつけないと、たまっていった雨水が建物内に侵入してしまうのです。

 

この大ことな役目をする板金の劣化が原因で雨漏りしてしまうのです。

 

ルーフィングの劣化

ルーフィングとは屋根や板金の下に雨漏り防止のために敷くシートのことです。

 

見えないので重視されていないかもしれませんが、板金が劣化していても雨漏りしないのは、ルーフィングがいい働きをしてくれるからなのです。

 

万が一雨水が浸透した時にも、この防水シートのおかげで雨漏りを防ぐことができるようになっています。

 

雨漏りを防ぐ最後の砦がルーフィングになるのです。

 

見えない所で大ことな役目をしてくれているので、縁の下の力持ちという感じですね。

 

ですから、雨漏りの原因の1つにルーフィングの劣化も考えられます。

 

屋根の種類による劣化の違い

屋根の種類によっておおよその耐用年数は異なります。

 

では、耐用年数が短い順に一つずつ見ていきましょう。

 

【トタン屋根】

トタン屋根の耐用年数:15~20年

 

近年使用されることが減ってきていますが、まだ残っている家屋も多くあります。

 

軽量で施工性が良いのですが、サビには弱いというデメリットも。

 

そうなるとサビてきた場所から雨漏りがしてくるのは当たり前になるので、耐用年数も低くなるのです。

 

【スレート屋根】

スレート屋根の耐用年数:20~25年

 

屋根の塗膜(塗装が乾燥したもの)がはがれて、コケがはえたり屋根が欠けたり割れたりします。

 

屋根にコケがはえるのは相当古くなっているのでしょうね。

 

【ガルバリウム屋根】

ガルバリウム屋根の耐用年数:50年以上

 

ガルバリウム鋼板とはあまり聞きなれない言葉だと思います。

 

一言でいえば、メッキを塗ってサビないようにした物になります。

 

近年は、このガルバリウム鋼板が主に普及されていて、雨には強いのですが雨の当たらない場所には弱いというデメリットがあります。

 

ほこりやカビにも弱く傷がつきやすいので、そこから穴があいて雨漏りに至るということも考えられます。

 

【瓦屋根】

瓦屋根の耐用年数:50~100年

 

瓦は地震などでズレたりすることもありますし、粘土を焼いたものなので欠けたりもしますし、ヒビが入ることもあります。

 

そのまま放置すると雨漏りの原因にもなります。

 

特に、昔の技術で作られている場合は、土の上に瓦を置いてあるだけで釘で止められていません。

 

そのために瓦がズレやすくなっていますので、雨漏りがしやすくなるでしょう。

 

雨漏りの応急処置

 

天井の雨漏りを軽視してはいけません。

 

雨水が内部まで浸透していき、そのうちコンクリートや木材が腐食していくでしょう。

 

そうなれば、建物崩壊の危機にも陥るかもしれません。

 

そうなる前に自分でできる応急処置をして、業者の人を待ちましょう。

 

ブルーシート

ブルーシートを屋根にかける際に気をつけてほしいことは、屋根に上がる際には靴の裏がゴムになっていて滑りにくい靴をはいて作業してください。

 

ブルーシートはとても滑るので、なるべく踏まないようにしましょう。

 

応急処置にブルーシートをかぶせるだけでも効果があります。

 

購入の際にはハトメがついた物で防水の物を選んでください。

 

土嚢袋の中に砂利をつめて、おもりにしてシートが飛ばされないように土嚢をおきましょう。

 

雨漏りの下にバケツ

もし雨漏りが少量でしたらペットボトルでも雨水をうけることができます。

 

ペットボトルでは無理なくらい雨漏りがしているのなら、バケツの中に新聞やタオルなどを入れて、水はね防止にしてもよいでしょう。

 

バケツの中に落ちる雨水の音の軽減してくれます。

 

雨漏りの応急処置には吸水シートもおすすめです。詳しくはこちら!

突然の大雨で雨漏りしたら?応急処置グッズは吸水シートがおすすめ!

2020年4月2日

 

天井からの雨漏りは屋根の劣化から!原因調査のまとめ

 

今回は、雨漏りの原因調査方法をご紹介しました。

 

天井からの雨漏りが起こってから、屋根の劣化に気づく場合があります。

 

そして、屋根の劣化にもいろいろあることもお伝えしました。

 

雨漏りが起こったら、すぐに応急処置をすることが大事です。

 

そして、業者にちゃんと雨漏りの原因を調査してもらい、修理を行いましょう。

 

雨漏りの原因の特定はとても難しいため、専門の業者に依頼することをおすすめします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

あつし
僕がおすすめしているのは雨漏り修理110番です!
必要な部位だけ施工する雨漏り「修理25,000円」からの低価格の上、追加料金不要の料金体系です。 東証上場企業である「シェアリングテクノロジー株式会社」が運営しており、利用シェアNo.1(楽天リサーチ調べ)のWebサービスなので安心です!   詳しくはこちらをご覧ください。

雨漏り修理110番の評判や口コミは?詐欺じゃないの?徹底解説!

2020年2月28日

 

 

 

 

外壁や屋根のことでお困りではありませんか?

業者に問い合わせたら、営業されそうで心配・・・

問い合わせるまでもないけど、ちょっと聞きたい。

など、いつでも無料で相談にのります!

特に築年数が経過した実家リフォームが得意です。

気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です