雨漏りの応急処置! 天井の雨漏りを解決するのに必要な5つのこと

 

天井からの雨漏りを直したいけど…適切な応急処置の方法や原因が分からない。

 

修理をどこに依頼したらよいか、修理費用の目安も知りたい!とお悩みの方はいませんか?

 

この記事では、以下の5つのことをお伝えしていきます。

 

  • 雨漏りしたらどうする?応急処置の方法【天井編
  • 雨漏りの応急処置だけでは危険!二次災害について知ろう
  • 雨漏りの原因と発生しやすい場所は天井?
  • 雨漏りの修理費用は火災保険でカバーできる?
  • 雨漏り修理110番」のご紹介

 

この記事を読むことで、天井からの雨漏りに対する応急処置がわかります。

 

雨漏りの原因と費用の目安、応急処置後の悩みも解決することができますよ。

 

ぜひ、最後まで読んでみて下さいね!

 

雨漏りしたらどうする?応急処置の仕方【天井編】

 

では早速、天井から雨漏りした時の応急処置からみていきましょう。

 

雨漏りの応急処置【天井編】
  • 室内の雨漏りをバケツなどで受け止める
  • 雨水を屋根裏でキャッチする
  • 応急処置で屋根にブルーシートをかぶせる

 

あつし
まずはすぐにできることから!

 

室内の雨漏りをバケツなどで受け止める

まず、室内・天井からの雨漏りをバケツで受け止めましょう。

 

ごみ箱発泡スチロール紙おむつでも代用できます。

 

雨水が溜まってくるとはねるので、バケツの下にタオルや新聞紙を敷いておくと安心です!

 

はるこ

紙おむつが意外なところで役に立つのね!

赤ちゃんや高齢者がいる家庭で活用できそうだわ。

 

雨漏りを屋根裏でキャッチ!

屋根裏に入れる時は雨漏りしている場所を探して、バケツを置いておきましょう。

 

これで室内への雨水侵入を防ぎ、天井のシミ防止にもなります。

 

応急処置で屋根にブルーシートをかぶせる

ブルーシートを広範囲に覆うことで場所が特定できない雨漏りを防ぐことができます。

 

ただし、風でブルシートが吹き飛ばされてしまうなどのリスクもあります。

 

用意しておくとよい道具はこちら。

 

用意しておくとよい道具
  • ブルーシート(なるべく4畳以上の大きさ)
  • 木の板材
  • 土のう袋

引用:Amazon

 

土のう袋に詰めるものは砂利真砂土、使っていない煉瓦ブロックも代用できます。

 

砂利真砂土は、ホームセンターで買うことができますよ。

 

では、効率の良いやり方を紹介しますね。

 

効率の良いやり方
  1. ブルーシートを広範囲にかぶせる
  2. シートの端に木の板を置く
  3. 風で飛ばないよう、土や砂利入りの土のう袋を四隅に置く

 

引用:みんなの雨漏り修理屋さん

 

注意

  • 屋根に上るのは危険を伴いますので、充分に注意しましょう
  • 雨の日や屋根が濡れている時は足場が悪く、滑りやすいので控えて下さい
  • 作業をする時は必ず2人以上で行ってください

 

雨漏りの応急処置だけでは危険!二次被害について知ろう

 

応急処置をしたから、もう大丈夫。

 

いえ、安心するのはまだ早いですよ。

 

雨漏りは放っておくと、二次被害の危険があるんです!!

 

「雨漏りの本当の怖さは、二次災害にある」といっても過言ではありません。

 

例えば、このような被害があります。

 

雨漏りの二次被害
  • 天井や壁にシミやカビが出現
  • シロアリが発生し、建物が傷む
  • 建物の資産価値が下がる
  • 家の寿命が短くなる
  • 漏電や火災が起きる可能性がある

 

では、順番に見ていきましょう。

 

天井や壁にシミやカビが出現

建物に侵入した雨水が原因で、湿度の高い状態が続き、天井のつなぎ目や壁にカビが生えやすくなります。

 

シミやカビが生えると残念ながら…天井を張り替えるしかありません。

 

後でも詳しくお伝えしますが、天井の張り替え10万円以上かかることもあります

 

また、カビによって、シックハウス症候群」という健康被害を引き起こす可能性があるんです。

 

シックハウス症候群とは?
細菌やカビ、ダニ、接着剤などの化学物質が原因で起こる健康被害のこと

 

シックハウス症候群には、このような症状があります。

 

  • のどの痛みや乾燥
  • 喘息や結膜炎、湿疹
  • 目がチカチカする、涙目になるなど

 

赤ちゃんや高齢者がいる家庭では、特に気をつけておきたいですね。

 

シロアリが発生し、建物が傷む

シロアリは湿気木材を好むので、雨漏りしている環境はシロアリにとって好条件です。

 

そのため繁殖しやすく、建物のダメージが急速に進んで、傾き倒壊の恐れが。

 

雨漏り修理の他にシロアリ駆除の費用が必要になり、さらに費用がかかってしまいます!

 

建物の資産価値が下がり、寿命が短くなる

天井のシミやカビ、シロアリによる侵食が進むと、資産価値の低下建物の寿命が短くなります。

 

ここまでくると雨漏りの修理にとどまらず、建物全体のリフォームが必要です。

 

建物全体のリフォームとなると、高額な費用がかかります!

 

あつし
僕が母の実家をリフォームした時も、数百万単位の費用がかかりました。

 

漏電や火災が起きる

雨漏りによる湿気が、漏電火災を引き起こすのをご存じですか

 

二次災害で一番恐いのが漏電です。

 

天井裏や壁の内側に雨が侵入して、漏電を察知すると停電します。

 

漏電を解決しないと、電化製品を使うこともできません。

 

もう一つ、漏電によっておこる火災です。

 

漏電によって電線から出た火花が、水分やほこりに引火して火災が起こります。

 

はるこ
深刻な症状が多くて、放っておくと今より悩みが増えそうね…

 

雨漏りが原因で、生活が脅かされるのは避けたいですよね。

 

あつし
「まだ大丈夫…」と雨漏りを見過ごさず、専門家に相談して対策しましょう!

 

雨漏りの原因と発生しやすい場所は天井!?

 

雨漏りを解決するためには原因を知り、それに応じた対策をとっていく必要があります。

 

ここからは天井からの雨漏りの原因で、多いもの3つを紹介します!

 

天井からの雨漏りの原因3つ
  • 屋根材の劣化や損傷
  • ベランダからの雨漏り
  • 外壁の損傷

 

屋根材の劣化や損傷

雨漏りの原因で多いのは屋根材の割れやずれですが、下地の傷みによって起こることもあります。

 

必ずしも損傷した屋根材の真下が、雨漏りの原因とは限りません。

 

原因を見つけるのはとても難しいので、まずは専門家に相談してみましょう!

 

ベランダからの雨漏り

ベランダは雨水がたまりやすく、雨どいの詰まりも起こりやすい場所です。

 

修理が難しいのは雨どいの詰まりで雨水が逆流し、つなぎ目から水が漏れているケースです。

 

建物の内側で詰まると、場所を特定するのが難しいです。

 

大量に水を流すと雨漏りが拡大する恐れがあるので、作業は業者にお願いしましょう!

 

外壁の亀裂

屋根裏などの外壁の高い位置から雨水が入ると、天井からの雨漏りが起こります。

 

外壁の寿命は約30年と言われ、経年劣化や建物の歪みで表面に亀裂が生じます。

 

亀裂が広がると雨を防ぐのが難しくなり、雨漏りに発展します。

 

雨漏りの修理費用は火災保険でカバーできる!?

引用:外壁塗装コンシェルジュ

 

原因は分かったけれど、修理費用はどのくらいか?が気になると思います。

 

雨漏りの修理費用の相場は、こちらをご覧下さい。

 

施工内容 費用 工期
応急処置のみ 1万円以内 半日~1日
雨漏りの修理(屋外) 5~30万円

※屋根に足場をつける場合は費用が高くなります。

3日~2週間

足場を組むのに約1日かかります。

雨漏りの修理(屋内) 5~15万円

※天井の張り替えや窓サッシの交換など。

3日~2週間
漆喰(しっくい)の修理 2~5万円 1日~1週間
棟板金の修理 3~10万円 半日~1日
雨どいの掃除 1~3万円 1日程度
雨どいの修理 3千~60万円

※雨どいの長さにもよります。

1~3日
屋根材の差し替え(1枚から) 5千~5万円 半日~1週間
シロアリ駆除(一部) 15~25万円 1日以上

※規模によります。

※これはあくまで目安なので、詳しくは業者に確認しましょう。

 

雨漏り修理で火災保険が適用される場合も

ここで、雨漏りの修理費用を抑えたい方に朗報です!

 

実は雨漏りの修理費用に、火災保険を当てられる場合があります。

 

いくつか条件があるので、確認していきましょう。

 

基本的には自然災害による被害と認められたときに、保険適用の対象となります。

 

雨漏り修理に火災保険が適用された事例
  • 台風や突風など強風で瓦がずれたり、雨どいが取れてしまった
  • ひょうが降って、天窓に穴があいてしまった
  • 雨や風が強く、瓦屋根の”漆喰(しっくい)”が外れてしまった
  • 雪の重みで雨どいが壊れた

 

このように自然災害による被害は、保険金が支払われる可能性が高いのです。

 

次は火災保険の対象にならない場合について、見ていきましょう。

 

火災保険の対象にならない場合
  • 経年劣化による雨漏り
  • リフォームや増改築などの施工不良による雨漏り
  • 強い風や雪、ひょうが原因の雨漏りと判断できないとき

 

こうやって雨漏りの被害を見てみると、人為的な要因や自然災害による被害と判断できない場合が多いですね。

 

1つ注意したいのは、保険金の請求期限は3年と決まっている点です。

 

火災保険に加入していて、もし被害に遭われた方がいたら、早めに保険会社へ申請してみてくださいね!

 

修理費用が保険でおりる場合があります。

 

せっかく保険料を払っているのですから、ぜひ活用したいですよね。

 

そして必ず、保険適用の申請が下りた後に修理・補修工事の契約を行うようにしましょう!

 

応急処置の後は「雨漏り修理110番」へ!

 

そこで、僕がおすすめするのは「雨漏り修理110番」です。

 

ここからは「雨漏り修理110番」の特徴と詳しい紹介をしていきます。

 

雨漏り修理110番の特徴5つ
  • ご利用シェアNo.1・お客様満足度98%の実績
  • 部分修理で低価格
  • 日本全国24時間・365日対応
  • 雨漏りのプロが多数在籍
  • 火災保険の相談にも対応!

 

それぞれ見ていきましょう。

 

【ご利用シェアNo.1・お客様満足度98%の実績】

これから頼む業者が、ご利用シェアNo.1お客様満足度が高いなどの実績を持っていると心強いですよね。

 

【部分修理で低価格】

一部だけの修理で済む場合でも、他社では家全体の修理見積もりを提示される場合があります。

 

必要のない部分の修理を行うのは、その分費用もかかるのはもったいない!

 

雨漏り110番」では原因ごとに修理項目を細かく設定し、部分的な修理を心がけて低価格に抑えています。

 

【日本全国・24時間365日対応】

夜間や土日でも困ったときに、相談や修理の依頼ができるのは安心ですよね。

 

フリーダイヤルかメールで依頼することができます。

 

【雨漏りのプロが多数在籍】

雨漏り110番では、実績豊富な雨漏り修理のプロが対応してくれます!

 

【火災保険の相談にも対応!】

雨漏り修理110番では、火災保険を適用した雨漏りの修理の相談にも対応しています。

気になる方は、公式サイトから気軽に問い合わせてみてくださいね。

 

≫≫【雨漏り修理110番】の公式サイトはこちら

 

雨漏りの応急処置!と天井の雨漏りを解決するのに必要なこと5つまとめ

 

初めに、天井から雨漏りした時の応急処置について紹介しました。

 

雨漏りの応急処置【天井編】
  • 雨漏りをバケツなどで受け止める。
  • 雨水を屋根裏でキャッチ!
  • 応急処置で屋根にブルーシートをかぶせる。

 

そのあとは、雨漏りの二次災害についてお話しましたね。

 

雨漏りの二次被害
  • 天井や壁にシミやカビが出現。
  • シロアリが発生し、建物が傷む。
  • 建物の資産価値が下がる。
  • 家の寿命が短くなる。
  • 漏電や火災が起きる可能性がある。

 

天井からの雨漏りの原因で多いものも紹介しました。

 

天井からの雨漏りの原因3つ

  • 屋根の損傷
  • ベランダからの雨漏り
  • 外壁の損傷

 

雨漏りの修理費用をまとめました。

施工内容 費用 工期
応急処置のみ 1万円以内 半日~1日
雨漏りの修理(屋外) 5~30万円

※屋根に足場をつける場合は費用が高くなります。

3日~2週間

足場を組むのに約1日かかります。

雨漏りの修理(屋内) 5~15万円

※天井の張り替えや窓サッシの交換など。

3日~2週間
漆喰(しっくい)の修理 2~5万円 1日~1週間
棟板金の修理 3~10万円 半日~1日
雨どいの掃除 1~3万円 1日程度
雨どいの修理 3千~60万円

※雨どいの長さにもよります。

1~3日
屋根材の差し替え(1枚から) 5千~5万円 半日~1週間
シロアリ駆除(一部) 15~25万円 1日以上

※規模によります。

 

そして、自然災害による被害と認められた時、火災保険を雨漏りの修理費用に使える場合がありましたね。

 

火災保険を使える場合

  • 台風や突風など強風で瓦がずれたり、雨どいが取れてしまった。
  • ひょうが降って、天窓に穴があいてしまった。
  • 雨や風が強く、瓦屋根の”漆喰(しっくい)”が外れてしまった。
  • 雪の重みで雨どいが壊れた。

ただし、保険金の請求期限は3年と決まっているので、早めの申請が大切でした。

 

最後に、おすすめの業者「雨漏り修理110番」の特徴を紹介しました。

 

雨漏り修理110番の特徴4つ
  • ご利用シェアNo.1・お客様満足度98%の実績
  • 部分修理で低価格
  • 日本全国24時間・365日対応
  • 雨漏りのプロが多数在籍

 

この記事を読んで、雨漏りの応急処置から、業者の依頼までのイメージが伝わったら嬉しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

あつし
僕がおすすめしているのは雨漏り修理110番です!
必要な部位だけ施工する雨漏り「修理25,000円」からの低価格の上、追加料金不要の料金体系です。 東証上場企業である「シェアリングテクノロジー株式会社」が運営しており、利用シェアNo.1(楽天リサーチ調べ)のWebサービスなので安心です!   詳しくはこちらをご覧ください。

雨漏り修理110番の評判や口コミは?詐欺じゃないの?徹底解説!

2020年2月28日

 

 

 

 

 

外壁や屋根のことでお困りではありませんか?

業者に問い合わせたら、営業されそうで心配・・・

問い合わせるまでもないけど、ちょっと聞きたい。

など、いつでも無料で相談にのります!

特に築年数が経過した実家リフォームが得意です。

気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です