ドキッとした!雨漏りの調査方法と費用!あなたの家は大丈夫?

 

あなたのお家、ふと見上げた天井に見慣れないシミができていたりしませんか?

 

それはもしかしたら雨漏りのサインかもしれません……。

 

マンガなどでは部屋中にバケツをおいて、ぴちゃんぴちゃんと雨漏りを受けている楽しそうな場面もありますが、我が家が雨漏りになった場合にはたまったものではありませんよね。

 

「なんど修理しても雨漏りがやまない」

「どこから雨漏りしているかわからない」

「建てたばかりの家なのに雨漏りしている」

 

などなど意外に雨漏りの悩みは多いのが現状です。

 

今回は、その雨漏りの原因を調査する方法とその調査にかかる費用を調べてみました。

 

雨漏りの原因

 

あなたは、雨漏りの原因をご存知ですか?

 

雨漏りの主な原因名

・屋上 ベランダの防水劣化、施工不良による雨漏り

・屋根材の下にひいてある防水シートの劣化による雨漏り

・新築時の施工不良による雨漏り

・屋根のトップライトやその周辺の防水不良による雨漏り

・雨どいのつまりによる雨漏り

・窓サッシのパッキン劣化による雨漏り

 

あつし
いろんな原因があるけど多いのが経年劣化だね。

屋根にも耐用年数が決まっていて適切な時期にメンテナスをする必要があるんだ

 

屋根材 耐用年数(寿命) メンテナンス時期
スレート屋根
(カラーベスト)
15年~25年 7~8年
アスファルトシングル 20~30年 20~30年
トタン屋根 10~20年 10~15年
ガルバリウム鋼板 20年~30年 20~30年
セメント系瓦 30年~40年 10~15年
粘土系瓦
(日本瓦)
50~100年 20~30年
防水シート
(ルーフィング)
20~30年 20~30年
野地板 20~30年 20~30年

引用:外壁塗装コンシェルジュ

 

雨漏りによる被害

 

では、雨漏りでどんな被害が起こるのでしょうか?

 

雨漏り三大被害

1.家が腐る

2.シロアリに家を食べられる

3.カビによる家具や家電、健康への被害

 

家が腐る

引用:みんなの雨漏り修理屋さん

 

一番多い被害が建物の木材部分を腐らせてしまうことです。

 

また、鉄骨や鉄筋コンクリートであってもサビによって強度が下がってしまうと

  • 天井がぬける
  • 家が傾く
  • 家が倒れる

などの被害が出てきます。

 

シロアリに家を食べられる

引用:みんなの雨漏り修理屋さん

 

そんな怖い家の腐食が進む中、実は同時に進行している被害があります。

 

それがシロアリです。

 

シロアリは湿気の多い木材が大好物です。

 

雨漏りしている家などは格好の的になってしまうのです。

 

しかも木材だけでは飽き足らず、電線や断熱材をかじられることも……。

 

シロアリの進入を100%防ぐことは現状無理だといわれています。

 

なので、余計に雨漏り対策をすることが重要になってくるのです。

 

カビによる家具や家電、健康への被害

 

高温多湿が続くとカビが生えてきます。

 

木材部分に雨漏りがしているとそこにカビが生えるだけでなく、その付近や家の中自体が湿気が多くなり、家具や家電などにカビが生えることがあります。

 

そこからカビによる健康被害などが多く有ります。

 

カビによる健康被害

カビが引き起こす健康被害には、大きく次の3つがあります。

1. アレルギー疾患
アレルギーとは、体を守ろうとする自己防衛反応です。
私たちの体には、ウイルスや細菌などの異物が入ってきたときでも、その働きを止める「免疫」という仕組みが備わっています。
ところが、この免疫機能が過剰に反応した結果、鼻炎や目のかゆみ、皮膚の炎症などの形で現れるのが「アレルギー」です。
<アレルギー疾患の代表例>
・夏型過敏性肺炎
・気管支喘息
・アレルギー性鼻炎
・アトピー性皮膚炎

2. 感染症
感染症とは、ウイルスや細菌に感染することで発症する病気のことです。
体内に異物が入ってきたとしても、病原体に対して抵抗できるだけの強さがあれば感染症にはなりませんが、体が弱っているときには感染を許し、感染症を発症してしまうこともあります。
<感染症の代表例>
・肺アスペルギルス症
・クリプトコッカス症
・水虫、たむし、しらくも

3. カビ中毒
中毒とは、体内に毒性を持つ物質が入ることで、身体の機能や代謝に障害が生じる事です。カビには毒素を作り出す種類のものが存在し、その毒素によって引き起こされる中毒症状があります。
<疾患の代表例>
・食中毒

引用:カビ取り屋.com

 

はるこ
雨漏りってとっても怖いのね。確か天井にちょっとシミがあった気がするけどちょこっとだけだから大丈夫よね

 

あつし
母さん、その「ちょこっとのシミ」が原因で家を修理することになった人が何人もいるんだよ。見た目にはすこしでももしかしたら屋根裏はすごいことになってくるともあるんだよ・・・・

 

はるこ
そうなの。母さん、なんだか、心配になってきたわ・・・

 

あつし
少しでも怪しいと思ったら調査してみることをおすすめするよ!後の祭りにならないようにね。雨漏りは資産的価値をとっても下げるトラブルだといわれているんだ。ほっておくとその分だけ家の価値が下がっていると思ったほうがいいよ!次にそんな調査方法を紹介するね

 

雨漏りを調査する方法

 

雨漏りは基本的に雨漏りしている箇所を特定し、その箇所の修理および交換をすれば直せます。

 

しかし、雨漏りは原因を特定するのが難しいんです。

 

様々な原因が折り重なって雨漏りが起きているといることも珍しくありません。

 

そういった場合、プロであっても原因を特定することはなかなか難しくなっています。

 

かといって闇雲に修理を行っても改善しないどころかかえって悪化することも……

 

なので調査をする際にはプロに任せるのが一番です。ここではプロが行っている雨漏りの調査方法を紹介したいと思います。

 

目視調査

雨漏りの場所を予測して、屋根に登ったり天井裏を見て、雨水が漏れていないかを目で確認して調査する方法。

一般的に、無料調査は目視調査のことが多いです。目視調査は調査員の経験や実績によって違ってきます。

なので、経験が豊富で実績を持った業者に依頼することが重要です。

目視調査で、ある程度の原因が特定できれば、その他のサーモグラフィ調査や散水調査がうまくいきます。

散水調査

散水調査は、原因と思われる場所に水をかけてみて、雨漏りしているかを調べる方法です。

屋根に原因がある場合は、足場代がかかる可能性もあるので、事前に業者に確認しておくのがいいでしょう。

ちなみに水は、調査してもらう家の水道からひいて行うのがほとんどです。

経験豊富な業者が散水調査を行えば、高確率で原因を特定できます。

台風などの雨漏り調査には、再現性が難しいので向いていません。

できれば、目視調査と合わせて散水調査もしてもらうのがおすすめです。

 

発光液調査

雨漏りの原因と思われる場所に、発光塗料を混ぜた専用液を流し込み、紫外線を当てて発行した場所から雨漏りしている所を見つける方法です。

発光液の色を変えることで、どこへ染み出しているかがよくわかります。

散水調査でだいたいの原因場所がわかってから、複数の場所に雨漏りの原因がある場合によく使われます。

調査液は数日で発光しなくなるため、事前に調査液の変色や退色がないか確認しておくのがおすすめです。

そして、何かあった時に保証が受けれるかどうかも確認しておきましょう。

 

赤外線サーモグラフィー調査

感度の高い赤外線サーモグラフィカメラで撮影する調査方法です。

他の調査方法と比べると費用が高いので、事前に相談してみましょう。

金属屋根や建物に囲まれている家には向いていません。

赤外線サーモグラフィカメラを使った調査は、サッシなどの窓際から雨漏りしている場合に有効です。

撮影する時に三脚を使用するので、家の周辺に5mほどの余裕があるほうがよいでしょう。

散水調査の補助的に利用する業者もいます。

雨水が浸入していても室内に何も変化がない場合、赤外線サーモグラフィを使えば温度変化で調査できます。

 

はるこ
調査方法はよくわかったけど、母さんが一番きになるのは……

 

あつし
費用だね!

 

主に業者の方が行っている調査は上記の4つになります。

いくつかの調査を組み合わせて使っての調査のほうが確実性が増しますが、中には高価な調査もあります。

次の項ではそんな費用についての話をしたいと思います。

 

雨漏りの調査にかかる費用

 

調査費用の大まかな内訳は以下のとおりです。

 

調査方法 費用
目視調査 無料~3万円
散水調査 3万~18万円
発光液調査 10万~25万円
サーモグラフィー赤外線調査 18万~35万円

 

見積無料とうたっているところだと、目視調査によることが多いです。

 

4つの調査にそれぞれ特徴があり、高ければ高いほど詳しくわかるというわけではありません。

 

目視調査でだいたいの原因を調べてから散水で原因を特定するなど、できれば複数の調査を組み合わせることが望ましいです。

 

最初にもいいましたが、雨漏りは原因特定が難しい上に、ほおっておくと刻一刻と資産価値が下がっていくトラブルです。

 

業者の人とよく相談して費用と相談しながら調査方法を決めていきましょう!

 

雨漏りの調査方法と費用まとめ

 

雨漏りの主な原因名

・屋上 ベランダの防水劣化、施工不良による雨漏り

・瓦やコロニアル下にひいてある防水シートの劣化による雨漏り

・新築時の施工不良による雨漏り

・屋根のトップライトやその周辺の防水不良による雨漏り

・雨どいのつまりによる雨漏り

・窓サッシのパッキン劣化による雨漏り

 

これらの原因によって被害が拡大する前に調査を依頼する項目と費用は次のとおりです。

 

調査方法 費用
目視調査 無料~3万円
散水調査 3万~18万円
発光液調査 10万~25万円
サーモグラフィー赤外線調査 18万~35万円

 


雨漏り
は本当に厄介なトラブルです。

 

目に見える場所にシミができたなど一目でわかるサインが出ている場合はいいですが、シミが出てくる頃にはかなり雨漏りが進行していることも……

 

知らず知らずのうちにあなたの家も雨漏りがしており天井裏や屋根裏などの木材が腐り、シロアリの温床になっているかも!

 

あつし
だからこそ、家のちょっとした変化や、気になることがあったときにはすばやく行動することだね

 

はるこ
ちょっとしたサインを見逃したばかりに、何倍もの費用を使うのは嫌だものね

 

あつし
あなたも家のちょっとしたサインを見逃さないでくださいね!

そこで、やっぱり費用を抑えるためにも、まずは雨漏り修理のプロに連絡して早めのチェックをおすすめします!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

雨漏り修理110番の評判はこちら。

雨漏り修理110番の評判や口コミは?詐欺じゃないの?徹底解説!

2020年2月28日

 

 

 

 

 

外壁や屋根のことでお困りではありませんか?

業者に問い合わせたら、営業されそうで心配・・・

問い合わせるまでもないけど、ちょっと聞きたい。

など、いつでも無料で相談にのります!

特に築年数が経過した実家リフォームが得意です。

気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です