外壁塗装の確認必須!中古住宅購入前に知っておくポイント

中古住宅

 

自分たちの家を持つには新築で建てる他に中古住宅の購入というのもあります。

 

家を買うことは大きな買い物になるわけですから慎重になりますよね。

 

中古住宅を購入しようと考えている方で外観や内装以外にも確認しておいた方がいい場所がある事ご存知でしょうか?

 

購入前に必ず確かめる場所とは実は外壁塗装の状態のことです。

 

外壁塗装のリフォームの目安は一般的には10年と言われています。

 

築10年以上の中古住宅は割と多いのですが、外壁塗装がされているかいないかでかかる費用も変わってきます。

 

今回は中古住宅購入前の外壁塗装の確認ポイントについて詳しく伝えていきたいと思います。

 

外壁塗装の必要性

塗る

 

家は建てている時からもう劣化は始まっていることを知っていますか?

 

劣化は少しずつですが日々蓄積されていき、そのまま放置しておくとやがて大きな症状へとつながっていきます。

 

一戸建てやアパート、マンション、ビルなどの、どの建物も定期的なメンテナンスを行わないと維持は難しくなってきます。

 

そこで建物を長持ちさせるためにもリフォームが必要なのです。

 

家の寿命を長くするために、中でも外壁塗装はとても重要なポイントになっています。

 

外壁塗装とは

そもそも外壁塗装の役割とはどのような物なのでしょうか。

 

そのまま放置しているとどうなるのかも含めてみていきましょう。

 

外壁塗装の役割

①建物を保護する。

②建物の外見をきれいにする。

③選ぶ塗料の種類によって機能性が向上する。

 

外壁塗装の目的

上記で主な役割3つ上げましたが詳しくみていきたいと思います。

 

①建物の保護

 

外壁塗装によって雨風や紫外線といった家へのダメージを防ぎます。

 

これは塗装後の塗料の膜により、家の内部へ水が入るのを防ぎ紫外線の影響を最小限にする効果が生み出されるからです。

 

塗装をしていない家ならば雨風で内部に水が入り腐食や紫外線ダメージによって、どんどんと劣化スピードが早まるでしょう。

 

ただ、塗料後にできる塗膜の効果はずっと続くわけではなく、約10〜15年ほどで徐々に塗膜は劣化していきます。

 

本来の性能を保つためにも定期的に塗り替える必要があるというわけです。

 

②建物の外観をきれいに

 

塗装を施すことによってその建物の見た目の綺麗さ、美観性が保てます

 

塗料によって色を選べるので、自分好みに家のイメージチェンジをすることも可能です。

 

しかし、何もせずにいると景観を損ねるばかりか、外壁の汚さや劣化具合によって建物の資産価値が下がった見方をされてしまう場合もあります。

 

③塗料により機能性の付加

 

塗料の種類、機能として防水、防湿、断熱、遮熱、防カビ、省エネ、防火、汚れにくい性能といった多種多様様々なものがあります。

 

外壁塗装で塗膜がしっかりされていれば建物の素材を守り、より耐久性の向上が期待できます。

 

使う塗料により耐久性は変わってくるのですが、一般的にフッ素系、シリコン塗料あたりが10年程外壁への効果があるとされています。

 

外壁塗装のデメリット

外壁塗装を行うことで家を長持ちさせる効果や塗料によって様々な機能性の向上が図れるため、デメリットはほぼ無いようなものです。

 

しいてあげるなら費用がかかってしまうことでしょう。

 

範囲や選ぶ塗料によっては50万円〜100万円以上になる場合もあります。

 

しかしながら定期メンテナンスとして外壁塗装リフォームは家の寿命を縮めないために大切なことと考えられています。

 

外壁塗装を放置

費用がかかるからといって本来行うべきタイミングを逃し、放置し続けると大事な家のあちこちがどんどん劣化していきます。

 

そして外壁塗装以外にも修繕工事が必要になる場合だって考えられるのです。

 

建物への弊害として主に3つあげられます。

 

外壁塗装放置の弊害

①外壁塗装工事以外の出費

②構造材への負担

③断熱材への影響

 

①外壁塗装工事以外の出費

 

長く放置しておくと外壁の素材自体への大きな損傷が発生してしまいます。

 

腐食やサビ、ヒビや欠損などといった塗装以外の補修工事が必要になるかもしれません。

 

②構造材への負担

 

外壁塗装の劣化具合によって防水効果が衰えてしまい構造材に雨風の水が進入し、湿気も加わり腐食に繋がる恐れがあります。

 

それにより構造材の耐久性の低下やシロアリ被害も考えられ、長く住める家とは程遠いものになってしまいます。

 

③断熱材への影響

 

外壁と内壁の間にある断熱材が雨の水で湿ってしまい、断熱材としての効果が半減してしまう可能性が高いです。

 

断熱効果が発揮されないと省エネにも繋がりません。

 

このように定期メンテナンスをしないことでしなくても良かった補修やそのための費用がかかってしまうのです。

 

はるこ
外壁塗装のリフォームの時って家にいてはダメなのかしら?

 

あつし
外壁塗装は普段通りに暮らしながらでも行える工事だから大丈夫だよ。

 

外壁塗装の周期についてくわしく知りたい方はこちらをどうぞ。

外壁塗装は何年周期がお得?修理が必要な箇所と費用から算出!

2020年2月9日

 

外壁塗装確認/中古住宅

見る

 

いざ中古住宅を買った際に外壁塗装がきちんとされていなかった場合、建物の見た目以上に内部の劣化があるかもしれません。

 

中古住宅は築年数が経っているため前の所有者のメンテナンス具合によっては補修をしなければならなかったり、その為の費用がかかることもあります。

 

大きな金額で購入したのに長く住むことができなくなる可能性だってあるため、外壁塗装はそれだけ家にとって重要なものなのです。

 

中古住宅購入前におさえておきたい外壁塗装のポイントを紹介していきますのでみていきましょう。

 

外壁の種類

いくつか種類がありますが主に2つ、特性を理解して購入前の参考にしてみてください。

 

①サイディング

 

外壁材の中でも耐用年数が長く、工場などで外壁用に成形された貼る仕上げ用の板材のことをいいます。

 

サイディングボードとも呼ばれていて外壁に取り付けるものになります。

 

短い工期でできるので費用を抑えることができ、工業製品なので品質は安定していることも特徴です。

 

②モルタル

 

砂や水、セメントを混ぜ合わせてから外壁材に塗っていく古くから人気の外壁材の一つです。

 

モルタル外壁にはサイディングのように板を張り合わせる継ぎ目は見られず、統一感のあるきれいな外観に仕上げることができます。

 

最近ではあまり使用されなくなっているようですが、玄関や外構にはよく使われています。

 

外壁材についての詳しい記事はこちらです

外壁材ごとでリフォーム費用が変わる?種類別でかかる費用を紹介!!

2020年4月20日

 

外壁塗装の確認

売り出されている中古住宅の中には一度もメンテナンスしていなかったり、質の悪い塗料を使っている物件もあるようです。

 

外壁塗装の状態をしっかりチェックしながら中古住宅の購入を検討していきましょう。

 

①外壁の状態を知る

 

素人の目だけでは外壁塗装の状態はよくわからないこともあります。

 

購入前に専門業者や職人等誰に見てもらって、今の外壁はどのような状態なのかを知る必要があります。

 

また、いつの時期に誰の手で行われたのかも把握しておいた方が良いでしょう。

 

築10年で1回と築20年で1回行った外壁塗装では状況は違ってきます。

 

しかも専門業者に頼まず素人が自分でDIYとして行っていたケースも実際にあるんです。

 

外壁塗装実施が何年前か、誰の施工か、今どのような状態なのかを販売元へ詳しく追及しましょう。

 

この部分を曖昧にしてしまうと、後々大きいトラブルに発展しかねないので大事な確認ポイントです。

 

②外壁塗装に使われた塗料は何か。

 

使う塗料により機能性や耐用年数は異なってきます。

 

耐用年数が長い効果を持つ塗料を使っていたならば、次の塗り替えまで期間を開けれますが、短い時間のものだとすぐ外壁塗装をしないといけません。

 

売却前にきれいに見せる為だけに安くて剥がれやすい塗料で見た目を整えているケースも存在しています。

 

どのような塗料を使って外壁塗装をされていたのか、知っておく必要があります。

 

③地域や立地に応じた外壁塗装

 

外壁塗装塗り替え年数の目安は一般的に10年です。

 

築30年なら3回といった計算になりますが、建物の強度や立地、地域の特性によっては10年前後ではない場合も中にはあります。

 

雨や雪が多かったり、日照りが強い、海辺なら潮風の影響など購入しようとしている中古住宅の地域の特性によって外壁塗装のプランは変化します。

 

事前に起こりやすい劣化がわかっている事で、次の塗り替え時期や塗料の選定等メンテナンスの計画が立てやすくなるでしょう。

外壁塗装不備のトラブル

中古住宅を購入後に外壁塗装不備によって起こり得るトラブルを幾つかまとめてみました。

 

外壁塗装不備のトラブル

1・中古住宅購入後、外壁塗装がされていなかったことで外壁に損傷が見られ、外壁塗装の他に高額なリフォームをしないといけない状態。

2・外壁塗装はされていたものの、使用塗料の耐用年数が短いものだったため、改めて外壁塗装が必要となる状態。

3・サイディングの裏側がボロボロだったため、外壁塗装と外壁のリフォームを行わなければならない状態。

4・外壁塗装を前の住人がDIYで独自に行ったものだったため、ちゃんとした専門業者に外壁塗装を依頼しないといけない状態。

 

きちんと外壁塗装がされていなかったり、不備の状態のままだと余計な費用が発生しかねません。

 

中古住宅を買う前に外壁塗装の施工状況や、実際の状態を見ていくことがとても重要となります。

 

また、築年数が経つにつれ劣化具合は進むのでメンテナンスしていてもかかる費用は以前より多くなっていきます。

 

中古住宅購入前と住み始めてからの外壁塗装の費用にしても同じではないため、早めの状態確認が費用を押さえるポイントとなります。

 

あつし
購入後のメンテナンス費用を少しでも押さえたいなら外壁塗装が完了済みの物件を選ぶことも手です。

 

外壁塗装の必要性まとめ

 

今回は外壁塗装の必要性、中古住宅購入前の確認ポイントについてお伝えしてまいりました。

 

中古住宅購入前のポイントをまとめると、

 

・外壁塗装がされているのか知ること。

・その中古住宅の過去と現在の外壁の状態を把握する。

・前の外壁塗装時に何の塗料を使ったのか確認。

・購入予定地域の特性や立地に合わせたメンテナンスプランの計画。

中古住宅は少ない費用で購入できるため、余った予算を内装のリフォームに回そうと考える人も多いようです。

 

けれども、建物の寿命を長く保つことができなければせっかくの内装リフォームも台無しになりかねません。

 

外壁塗装などのメンテナンス費用も考えながら、中古住宅購入前にポイントをきちんと押さえて検討していきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

外壁塗装をお考えで相場をしりたい方はこちらをぜひご覧ください。

【外壁塗装】費用相場はどれほど?50坪・40坪・30坪毎にご紹介

2020年5月16日

 

 

 

 

外壁や屋根のことでお困りではありませんか?

業者に問い合わせたら、営業されそうで心配・・・

問い合わせるまでもないけど、ちょっと聞きたい。

など、いつでも無料で相談にのります!

特に築年数が経過した実家リフォームが得意です。

気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です