外壁塗装は何年周期がお得?修理が必要な箇所と費用から算出!

 

みなさんは、外壁の塗装リフォームをいつ行うべきかご存じでしょうか?

 

塗料や環境的な要因によって異なりますが、長ければ20年、短ければ2、3年でその時期はやってきます。

 

外壁に施された塗装は防水などの面から非常に重要で、長期間放置してしまうと建物に重大なダメージを与えてしまう要因になり得ます。

 

常に早め早めの対処をしておけば安心ですが、外壁周りは塗装だけでなくコーキングなどの部材も大切な役割をしており、それぞれに耐用年数は違ってきます。

 

それぞれの部材ごとにリフォーム工事となると、工事手配や費用の面でも負担になりますよね。

 

なので、外壁周りの修繕なども含めて外壁の塗装リフォームは周期化して計画すると、費用面でも準備がしやすくなります。

 

この記事では、外壁の塗装リフォーム周期を何年にすればいいのかを見極めるべく、様々な要因について考えてみたいと思います。

 

外壁塗装を検討する判断材料は?

 

外壁塗装リフォームをするといっても、何を目安に時期を検討すればいいのでしょうか。

 

塗料の耐用年数はあくまで塗料の耐用年数です。

 

外壁の修繕や塗装が必要になるのはどちらかというと、重ね塗りの工程で乾燥時間をきっちり守っていたかなどの作業の丁寧さにかなり影響されます。

 

では、判断材料にはどんなものがあるのか、実際に外壁塗装リフォームを検討した人の理由や、外壁自体の目安となる症状をご紹介します。

 

【外壁塗装を検討する理由】

では、実際に外壁塗装リフォームを検討した人は、どんな時に外壁塗装リフォームを考えたのでしょうか。

 

外壁塗装を検討する理由

・塗料の耐用年数が来たから

・一般論の10年目だから

・壁にひび割れなどが見つかったから

・カビや汚れが気になったから

 

このように理由は様々です。

 

建物のおかれている実際の環境などによっては、必ずしも耐用年数通りに塗料の性能がもつとは限りません。

 

なので、塗料メーカーなどの耐用年数では塗装時期を決めきれないんです。

 

また、ひび割れを発見するとすぐに塗装リフォームを考えてしまいがちですが、塗装までしなくても充填剤を注入しておけば問題ない場合もあります。

 

プロの目から見ると、塗装リフォームを行うほどではない状況でも気になる人には気になるところです。

 

逆に「こんなに放っておくなんて建物自体が傷んでしまう」と思われるほど放置したままの人もいるようです。

 

【外壁塗装を検討する目安になる症状】

外壁の状態によっては、年数などによらず外壁塗装リフォームを検討した方がいい症状があります。

 

具体的にはどんな症状があれば外壁塗装のリフォームを検討するべきなのでしょうか。

 

外壁塗装検討の目安

・チョーキング ・・・ 外壁の表面を触ると白い粉が手に着く。塗膜の劣化が原因

・ひび割れ ・・・ 外壁やコーキングにひび割れが入っている状態

・ひどい汚れ ・・・ 塗膜の劣化で表面が汚れやすくなっている可能性がある

・ひどいコケやカビ ・・・ 防水性能が落ちている可能性がある

・塗膜のはがれや膨れ ・・・ 塗膜が密着していない状態

 

塗膜のはがれや膨れは、塗膜と外壁の隙間に雨水などが侵入する原因となります。

 

防水できていない状況は、家全体に影響する可能性があるため、早めに塗装リフォームを検討した方がいいでしょう。

 

あつし
汚れ、コケやカビはすぐに塗装リフォームが必要でない場合もあるけど、注意して観察しておいた方がいいね。

 

外壁の部位別耐用年数

 

住宅の外壁周りには、付帯部分があります。

 

付帯部分にはそれぞれの耐用年数があり、塗装が必要な場合もあります。

 

例えば、雨樋は耐用年数が約20年で塗装などのメンテナンスは10年ごとに行った方がよく、雨戸はシャッター式の物であれば耐用年数は約10年ほどです。

 

また、窓などの開口部や外壁材の隙間を埋めるために必ず使われているコーキングは5~10年で劣化してしまうので、打ち換えや増し打ちをする必要があります。

 

これらの付帯部分のリフォームや塗装も、外壁塗装とあわせて行えば、足場などの必要経費を抑えることができます。

 

付帯部分の塗装の塗料は、外壁に使う塗料と耐用年数が同程度のものを選ぶと、次回の塗り替え時期も一緒になります。

 

あつし
見積金額を安くするために付帯部分の塗料のランクを落として見積もりを出してくる業者もいるから、見積書はしっかり見ないといけないんだ。

 

はるこ
えっ!そんなの詐欺じゃない!!

 

あつし
そうとも言い切れないんだ。きちんとどんな塗料を使うか見積書に書いているわけだから、要望を伝えない施主側にも責任があるからね。

 

はるこ
金額を見ているだけじゃダメっていうわけね・・・。

 

塗料の種類

 

では、実際にはどんな塗料を選べばいいのでしょうか。

 

塗料は、結合剤、顔料、添加剤、溶剤で構成されており、耐候性や耐久性、柔軟性などおおよその特徴を決めるのは主に結合剤です。

 

結合剤によって塗料の特徴が大幅に変わるため、塗料の種類は結合剤ごとに分類されています。

 

それぞれの塗料にどのような特徴があるのかをこちらで紹介します。

 

塗料の種類 耐用年数 1㎡あたりの単価(3度塗り) 特徴
アクリル系塗料 4~7年 1400~1600円 ・他塗料と比較して汚れやすく、耐久性が劣る

・最近はほとんど使われていない

ウレタン系塗料 6~10年 1700~2200円 ・汚れや色あせに強く、耐久性や施工性などのバランスが良い

・最近はシリコン系が人気であまり使われていない

シリコン系塗料 8~15年 2300~3000円 ・屋根や外壁の塗装でもっとも多く使用されている

・汚れや色落ちに強く、耐久性、防カビ性、防藻性など高性能

ラジカル系塗料 8~15年 2500~3000円 ・2012年に発売された新しい塗料

・シリコン同様、低コストで耐久性も高い

光触媒塗料 10~15年 4200~5000円 ・雨や太陽の光などの自然の力できれいにしてくれる効果がある

・外壁のメンテナンスがとても優れている

ピュアアクリル塗料 12~15年 4000~4700円 ・防水性、耐久性が優れており、遮熱性もある

・冬は乾燥しにくいため、工期が長くなる可能性がある

・次回は1回の上塗りのみで塗り替えが可能

フッ素系塗料 15~20年 3800~4800円 ・耐用年数は最も優れている

・主に大きな建物で使用されてきたが、近年は住宅の外壁でも使用されている

・光沢感と防汚性も高い

断熱系塗料 15~20年 4500~6000円 ・耐久性が高い

・断熱性能で室内の温度が外部の影響を受けにくくなる

・省エネやエコなど環境問題にも配慮

・自治体によっては補助金を受けられる可能性もある

無機系塗料 15~20年 4500~5500円 ・耐久性が高い

・耐候性も高く、劣化しにくい

 

これらの塗料の中で住宅の外壁塗装に使用されている割合は、シリコン系塗料で70パーセント、ラジカル系塗料で15パーセント。

 

これらの塗料は性能と価格のバランスが優れているため選ばれています。

 

その他の塗料は付加機能がある代わりに費用も高くなっています。

 

塗料を選ぶ時は、安いからと安易に決めずに自宅に必要な機能もあわせてよく検討する必要があります。

 

また、現在アクリル系やウレタン系はほとんど外壁塗装に使用されませんが、価格が安いため付帯部分の塗装に使用する場合があります。

 

耐用年数はシリコン系やラジカル系に劣るため、塗り替え時期に差が出てしまうことを知っておきましょう。

 

塗装周期は何年がベスト?

 

外壁の塗装リフォームは周期的に行うことで、家を長持ちさせることができます。

 

必要なリフォームだからこそ、計画的に時期を決めておくと費用などの準備もしやすいですよね。

 

では、塗料選びや外壁やその付帯部分の耐用年数も考慮して、塗装周期を検証してみましょう。

 

一般的な住宅に多い35坪程度の建物を想定してシミュレーションしてみます。

塗装周期 塗装費用 足場代、養生などの諸費用 40年後の総額
10年 40万5000円 35~45万円 302~342万円
15年 64万5000円 35~45万円 298~328万円

 

塗装周期が10年であれば40年間で4回の塗り替えが必要となり、15年であれば40年間で3回の塗り替えで済みます。

 

耐用年数が15年の塗料は10年の塗料よりも価格が高い代わりに、足場代などの諸費用が1回分減らせます。

 

差額が4~14万円ほどで、15年周期の方がお得だという結果になりました。

 

ただ、先にご紹介しました付帯部分の劣化の時期やメンテナンス時期を考慮すると、10年周期で塗装を行うことで他の工事の時期と合わせられるメリットもあります。

 

はるこ
長い目で費用面だけ見れば15年周期だけど、他の修理箇所も考えると10年・・・悩むわね。

 

あつし
周期が長ければ、工事回数も少なくて工事中の不便が減るメリットもあるけど、周期が長い分外壁の汚れが気になりやすいというデメリットもあるね。

 

はるこ
悩むわねぇ。

 

あつし
そうやって悩んで、自分に合う塗装周期を決めればいいんだよ。

 

外壁塗装は何年周期がお得?まとめ

 

  • 外壁塗装リフォームの時期は、建物自体のおかれる環境や塗装作業の丁寧さなどにかなり影響されるので、塗料の耐用年数だけで決定するのは難しい。
  • 外壁塗装には付帯部分の修理や塗装も関わってくるので、付帯部分の傷みなども念頭に置いておく必要がある。
  • 塗料には様々な種類があり、それぞれの特性や耐用年数も異なるので、必要な機能や価格をしっかり検討する。
  • 塗装周期は長い目で費用面から考えると15年周期、付帯部分などの修繕も含めて考えると10年周期が適している。

 

今回は外壁塗装に適した周期を検討する際、検討に必要な要因をご紹介しました。

 

今必要なリフォーム費用のことも重要ですが、家を長持ちさせることで長い目で見て結果的に費用負担が下がるという考え方も大事ですね。

 

建物の劣化は、常に一定の速度というわけではありません。

 

建物が古くなってくれば劣化も加速する場合があります。

 

塗装周期だけにこだわらず、その家の状況に応じてリフォームしていけば、家を長持ちさせることができます。

 

周期を目安にしながらも、縛られすぎずにリフォームを行うことで、自分らしい快適な家を手に入れてくださいね。

 

あつし
僕がおすすめしているヌリカエは、業界最大規模の外壁・屋根塗装業者紹介サービスです!

詳しくは、こちらをご覧ください。

外壁塗装のヌリカエは悪質!?口コミや評判を徹底調査!!

2020年6月13日

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

外壁や屋根のことでお困りではありませんか?

業者に問い合わせたら、営業されそうで心配・・・

問い合わせるまでもないけど、ちょっと聞きたい。

など、いつでも無料で相談にのります!

特に築年数が経過した実家リフォームが得意です。

気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です