法定耐用年数はどう決まる?外壁塗装を減価償却する年数

 

自営業やマンション・アパート経営をしている人が外壁塗装を行う時は、確定申告が必要になります。

 

外壁塗装を経費として計上する場合に必要なのが減価償却です。

 

外壁塗装を減価償却するとき、計上していく年数は法定耐用年数によって決まります。

 

外壁塗装にかかった費用を減価償却したいけど、耐用年数がイマイチ分からない・・・。

 

一般的にいわれる塗料の耐用年数とどう違うのか、疑問に思うことがあるでしょう。

 

外壁塗装を減価償却するときのポイントは、法定耐用年数です。

 

今回は、外壁塗装の法定耐用年数について、詳しくお伝えしていきます。

 

ぜひ、最後まで読んでみて下さいね!

 

法定耐用年数は外壁塗装する建物の構造・用途で決まる

 

外壁塗装の法定耐用年数は、修理する建物の耐用年数によって決まります。

 

建物の耐用年数は、建物の構造と用途によって決められています。

 

塗料の種類ごとに法定耐用年数があるわけではありません。

 

塗料メーカーが公表している耐用年数は、おおよその耐久期間です。

 

塗料の効果がつづくであろう期間のめやすで、期待耐用年数といいます。

 

この期待耐用年数は、減価償却ではつかえません。

 

税法上の法定耐用年数と、メーカーの期待耐用年数はまったく違うものです。

 

外壁塗装を減価償却するときの法定耐用年数は、修理した建物の構造や用途で決まります。

 

建物の構造を大きく分けると、このようになります。

 

  • 木造(W造)
  • 鉄骨造(S造)
  • 鉄筋コンクリート造(RC造)

 


用:不動産投資ユニバーシティ

 

これらの構造に、事務所用・店舗用・飲食店用などの用途が加わります。

 

例えば、おなじ木造でも事務所用と店舗用では法定耐用年数が違います。

 

なぜかというと、使い方によって建物の劣化が変わるからです。

 

上の一覧に記載している年数は、「住居用」として使うときの法定耐用年数。

 

もし、店舗や事務所として使うなら、また違った年数になります。

 

国税庁のよくある質問ページに、建物の耐用年数が記載されています。

 

主な法定耐用年数を、建物の構造・用途ごとにまとめてみました。

 

簡易建物

簡易建物
用途 法定耐用年数
仮設のもの 7年

 

仮設のものとは、建設現場で工事期間中に使うものです。

 

あつし
組立と解体をくり返して使うプレハブ小屋のことです。

 

木骨モルタル造

木骨モルタル造
用途 法定耐用年数
事務所 22年
店舗 住宅 20年
飲食店 19年
旅館 ホテル 病院 15年
公衆浴場 11年
工場 倉庫(一般用) 14年

 

モルタルとは、レンガのつなぎ目にある灰色の粘土みたいなものです。

 

木骨モルタル造とは、柱が木材で、外壁にモルタルが使われている建物です。

 

あつし
木骨モルタル造は、戦後に多く建てられました。

 

木造・合成樹脂造

木造・合成樹脂造
用途 法定耐用年数
事務所 24年
店舗 住宅 22年
飲食店 20年
旅館 ホテル 病院 17年
公衆浴場 12年
工場 倉庫(一般用) 15年

 

日本は木造の家が多く、圧倒的な人気があります。

 

あつし
日本住宅の一戸建ては、90パーセントくらいが木造なんです。

 

軽量鉄骨造(骨格材の肉厚が3mm以下)

軽量鉄骨造(骨格材の肉厚が3mm以下)
用途 法定耐用年数
事務所 22年
店舗 住宅 19年
飲食店 19年
旅館 ホテル 病院 17年
公衆浴場 15年
工場 倉庫(一般用) 17年

 

鉄骨造の主要な柱を骨格材といいます。

 

鉄骨(骨格材)は次のような形をしています。

 

引用:LIXIL

 

鉄骨造は、鉄骨の厚さによって法定耐用年数が変わります。

 

税法上で区別される骨格材の厚さは、次の3とおりあります。

 

  1. 軽量鉄骨造(骨格材の肉厚が3mm以下)
  2. 軽量鉄骨造(骨格材の肉厚が3mm超~4mm以下)
  3. 重量鉄骨造(骨格材の肉厚が4mm超)

 

一般的には厚さ6mm以下が軽量鉄骨で、6mm超が重量鉄骨と区別されています。

 

しかし、税法上では厚さ3mm以下が軽量鉄骨、4mm超が重量鉄骨となりますので注意してください。

 

補足
骨格材の厚さは設計図を見ると分かります。
例えば「200×200×2」と記載されていれば、最後の数字が厚さになります。
つまり、骨格材の厚さが2mmなので、肉厚3mm以下の法定耐用年数が適応されます。

 

あつし
共同住宅の90パーセント近くは、木造ではなくて鉄骨造です。

 

軽量鉄骨造(骨格材の肉厚が3mm超~4mm以下)

軽量鉄骨造(骨格材の肉厚が3mm超~4mm以下)
用途 法定耐用年数
事務所 30年
店舗 住宅 27年
飲食店 25年
旅館 ホテル 病院 24年
公衆浴場 19年
工場 倉庫(一般用) 24年

 

あつし
木骨モルタル造や木造、軽量鉄骨造の共同住宅が、アパートと呼ばれています。

 

重量鉄骨造(骨格材の肉厚が4mm超)

重量鉄骨造(骨格材の肉厚が4mm超)
用途 法定耐用年数
事務所 38年
店舗 住宅 34年
飲食店 31年
旅館 ホテル 病院 29年
公衆浴場 27年
工場 倉庫(一般用) 31年

 

あつし
重量鉄骨造や鉄筋コンクリート造の共同住宅が、マンションと呼ばれています。

 

鉄筋コンクリート造(RC)・鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)

鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造
用途 法定耐用年数
事務所 50年
店舗 39年
住宅 47年
飲食店 41年
旅館 ホテル 39年
病院 39年
公衆浴場 31年
工場 倉庫(一般用) 38年

 

鉄筋コンクリート造(RC)と、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)の違いは、支柱に鉄骨を使用するかしないかです。

 

引用:SUUMO(スーモ)

 

画像の左から鉄筋コンクリート造(RC)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)、鉄骨造(S)です。

 

鉄骨造(S)とは、上で述べた3つの鉄骨造があてはまります。

 

  1. 軽量鉄骨造(骨格材の肉厚が3mm以下)
  2. 軽量鉄骨造(骨格材の肉厚が3mm超~4mm以下)
  3. 重量鉄骨造(骨格材の肉厚が4mm超)

 

あつし
鉄骨鉄筋コンクリート造は、高層マンションや高層ビルに多いです。

 

れんが造・石造・ブロック造

れんが造・石造・ブロック造
用途 法定耐用年数
事務所 41年
店舗 住宅 38年
飲食店 38年
旅館 ホテル 病院 36年
公衆浴場 30年
工場 倉庫(一般用) 34年

 

あつし
日本には、ブロック造の建物は少ないです。

 

おなじ構造でも使い方によって法定耐用年数が違うと分かりました。

 

具体的に、耐用年数から毎年の経費を計算してみましょう。

 

例えば、事務所として使用している鉄筋コンクリートの建物があります。

 

この事務所を修理して、外壁塗装が500万円かかったとします。

 

事務所として使う鉄筋コンクリート造の耐用年数は50年です。

 

鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造
用途 法定耐用年数
事務所 50年
店舗 39年
住宅 47年
飲食店 41年
旅館 ホテル 39年
病院 39年
公衆浴場 31年
工場 倉庫(一般用) 38年

 

500万円を50年かけて減価償却するので、毎年10万円ずつ経費として計上していくことになります。

 

はるこ
それにしても、経費にするには何十年もかかるのね・・・。

 

あつし
実は、その年にすべて経費にする方法もあるよ。

 

外壁塗装などの高額な費用は、減価償却するケースと、一括で経費にするケースに分けられます。

 

今回ご紹介した法定耐用年数は、減価償却で何年もかけて経費にするケースで用いられます。

 

一方、その年に一括で経費となる修繕費があります。

 

外壁塗装を減価償却する時の法定耐用年数まとめ

 

今回のまとめは、このようになります。

 

  • 法定耐用年数と、メーカーの期待耐用年数はまったく無関係
  • 外壁塗装の法定耐用年数は、建物の耐用年数で決まる
  • 建物の耐用年数は、構造や用途によって異なる

 

メーカーが公表している耐用年数や区別は、税法上と同じではないので注意しましょう。

 

法定耐用年数が分かれば、これから計上していく経費を考えながら事業計画ができますよ。

 

外壁塗装を修繕費として計上する方法は、こちらの記事で詳しく解説しています!

知らないと損!?確定申告で修繕費として計上できる外壁塗装

2020年4月5日

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

外壁や屋根のことでお困りではありませんか?

業者に問い合わせたら、営業されそうで心配・・・

問い合わせるまでもないけど、ちょっと聞きたい。

など、いつでも無料で相談にのります!

特に築年数が経過した実家リフォームが得意です。

気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です