雨漏り補修材にはどんなものがある?種類と使い方をご紹介!

 

天井にシミができていたり、大雨の時に水が滴り落ちてきたりしたことはありませんか?

 

まさか…雨漏りしてる!?

 

雨漏りは放置するとどんどん家にダメージが広がってしまいます。

 

一旦応急処置で対策することができます。

 

自分で雨漏りの修理をするときの道具がいくつかありますのでご紹介します。

 

雨漏りしたら自分で補修

 

雨漏りを自分で修理してみましょう。

 

雨漏りの原因はおもに屋根にあることが多いです。

 

屋根の劣化やヒビ、瓦屋根であれば瓦のズレなどでそこから雨水が家の中に入り込んでしまうことで発生することがあります。

 

劣化箇所を確認

雨漏りの原因で多いのが屋根材や瓦などの劣化や腐食、割れや穴あきで雨水が入り込んでくることがあります。

 

瓦は割れたりしていたら、代わりの瓦があったら変えてみましょう。

 

棟板金は変形してしまったり、浮いてしまったりします。

 

その場合、外してみて痛みがあるようなら対処しましょう。

 

トタン屋根はさびやすい屋根なので錆によって穴が開いてしまいます。

 

穴が開いているときは防水テープなどで、補修しましょう。

 

確認のために屋根に登ることもあるかもしれませんが、屋根で作業するときは安全面に気を付けてください。

 

他にも原因がある場合、無理に自分でやろうとせずに業者の方に相談しましょう。

 

はるこ
いろいろあるのね。

 

あつし
無理して屋根に登るとケガの原因になるから注意してね。

 

雨漏りしたときの応急処置のお役立ちアイテム

 

応急処置をする際に役立つアイテムをご紹介します。

 

シーリング材はヒビや隙間を埋めるのにお勧めのもの。

 

引用:ASKUL

 

雨漏り補修液はハケ塗りだけでいいので、初心者に向いている商品です。

 

引用:Yahoo!ショッピング

 

雨漏り補修シートは特殊な形状の屋根にもフィットしやすいものです。

 

引用:TAISEI

 

補修テープはガムテープのような使い方で楽に止めることができます。

 

引用:ビックカメラ.com

 

それぞれの詳しい使い方は順番にお話しします。

 

シーリング材

 

シーリング材は主に隙間を埋めるのに向いている補修材です。

 

成分も種類が多いので、補修したい場所に合わせて変えていきましょう。

 

変成シリコン

変成シリコン系のシーリング材は耐候性、塗装性に優れていて、外に使うのに向いているものです。

 

建築、外壁、鈑金の加工などによく使われるもので、雨漏りしたらこれ!と言って使われることが多いものになります。

 

ポリウレタン

ポリウレタン系シーリング材は屋外で使うとき、上から塗装が必要になります。

 

このシーリング材は主に塗装の下処理などで使われることが多いものです。

 

アクリル

アクリル系シーリング材は水性のシーリング材なので、雨漏りの補修には向いていません。

 

塗装やクロスの下処理に使われることがメインになっています。

 

油性

油性系シーリング材は室内側の窓の隙間などに使うシーリング材で、雨漏りの補修にも使えますが基本的には家の中での補修に使うものなので注意しましょう。

 

雨漏り補修シーリング材の使い方

 

使う種類が決まったら実際に補修していきましょう。

 

コーキングガンにコーキング材をセットしておきましょう。

 

1、コーキングを剥がし、マスキングテープを貼る

まず汚れているコーキングを剥がしましょう。

 

目地の溝にカッターで切れ込みを入れ、コーキングのはじの部分を指でつまみ引っ張りながら剥がしていきます。

 

剥がしきれず残ったコーキングも残らず綺麗に取りましょう。

 

剥がし終えたら養生のためにマスキングテープを貼ります。これをすることで多少はみ出してもテープを剥がせば綺麗にすることができます。

 

補修する場所に応じてマスキングテープの幅は調整しましょう。

 

2、コーキングガンで使い埋めていく

シーリング材をコーキングガンで補修したい場所に充填、埋めていきましょう。

 

コーキングガンを使うと、力を一定に保つことができて綺麗に埋めていくことができます。

 

充填するとき、ノズルは押し付けるように入れていくと、空気が入りポコッと浮いてしまうのを防ぐことができるので空気が入らないように注意しながら入れていきます。

 

3、ヘラでならしテープを剥がす

コーキング材を充填したらヘラでならします。

 

ヘラにもいろいろな種類があるので場所に合わせたヘラを使いましょう。

 

これをすると仕上がりが綺麗になるのでお勧めです。

 

マスキングテープは素手で剥がすと手や周りが汚れてしまうので木や段ボールなどの切れ端で巻きつけるように剥がすと綺麗に剥がせます。

 

後はシーキング材が固まるまで待つだけです。

 

シーリング材にもよりますが最短1時間から大体半日、最大で一日あれば完全に固まります。

 

しっかり固まったのを確認するようにしましょう。

 

引用:youtube

 

雨漏り補修液

 

雨漏り補修液はハケで塗るだけで雨水をはじくことができるもので、簡単に補修できるので慣れちない方はもちろん、職人の方にも人気の補修材です。

 

陸屋根はもちろん、モルタルやベランダ、セメント、レンガなど色んな素材に使える多目的補修液、防水、接着、表面硬化液です。

 

使い方

小さなヒビにはそのまま塗布して内部までしみ込み、硬化水の浸透を防いで表面に強力な防水膜を作り、雨漏りや水漏れを防いでくれます。

 

ヘアークラック以上の大きなヒビには3分おとしと液剤を混ぜて、ドロドロにしてペースト状の液体を作ります。

 

ハケで塗ると3分おとし粉が骨材になってヒビに入り込んで雨漏りや水漏れをしっかり抑えてくれます。

 

補修シート

 

補修シートは伸張性や柔軟性が高いです。

 

段差だったり波型の場所でも隙間ができにくくフィットさせやすいものになります。

 

使い方

使い方はとっても簡単、ハサミやカッターで切って貼りたいところに貼るだけです。

 

業者さんが使うような特殊な工具なども必要ありません。

 

防水シートの中には接着面があるものもあり、そのまま貼ることができます。

 

接着部分も強すぎないので、貼りなおすことや重ね貼りも可能です。

 

補修テープ(防水テープ)

 

防水テープはガムテープみたいに使って雨漏りを防ぐことができるものになります。

 

雨漏り以外にも配管の水漏れなどの水回りのトラブルにも対応できる優れモノなんです。

 

使い方

防水テープは空気やシワが入ると防水性が落ちてしまいます。

 

窓枠などの貼る場所に段差がある場合は爪で溝の部分をしっかり密着させましょう。

 

そのあとに周りの空気を抜くように押し出しながら貼ると上手に仕上がります。

 

防水テープを重ねて貼りたい、ということも出てくると思います。

 

そのときは雨水が落ちてくる方向と逆方向で貼っていくといいでしょう。

 

雨水が落ちる方向に貼ると雨水が隙間から漏れてきてしまい、せっかくのテープが役割を果たせなくなってしまいます。

 

はるこ
貼るだけで雨漏りの修理ができるなんてすごいわね!

 

あくまでも応急処置なので早めに業者に

 

ご紹介した道具での処置はあくまで応急処置になります。

 

根本的な改善は期待できないので、落ち着いたら早めに専門の業者さんに相談して修理してもらうようにしましょう。

 

業者の選び方ポイント

いざ業者さんに相談しよう!となってもたくさんいる中からどう選んでいいのか分からない、と思う方もいるかと思います。

 

今から伝える条件の業者さんはあまりお勧めしません。

 

気を付けポイント

・見積もり、現地調査にお金が発生する

・見積もりの際、現地調査をしてくれない

・工事内容を書面に明記しない

 

上記の対応をしてきた業者さんは実際に工事に入ってもきちんと直してくれない可能性もありますので、注意してください。

 

これとは逆に親身に話を聞いてくれてしっかりと調査、修理をしてくれる業者さんはアフターサービスも親身になってくれますので、探してみるといいでしょう。

 

【まとめ】補修材で雨漏りを食い止めましょう

 

雨漏りの補修材にも色んな種類があります。

 

補修したいところの状態に合わせて、補修材も変えるといいでしょう。

 

はるこ
場所に合わせていろんな補修材があるのね、勉強になったわ。

 

あつし
屋根の劣化が原因での雨漏りは簡単にできる補修材も多いね。

でも屋根に登るときは細心の注意を払って作業しよう。

 

はるこ
そうね、落ちたりしたら大変だもの。

 

屋根の補修が自身では難しいと判断した時は、業者さんに依頼してきちんと原因との把握と修理をお願いしましょう。

 

あつし
僕がおすすめしているのは雨漏り修理110番です!
必要な部位だけ施工する雨漏り「修理25,000円」からの低価格の上、追加料金不要の料金体系です。 東証上場企業である「シェアリングテクノロジー株式会社」が運営しており、利用シェアNo.1(楽天リサーチ調べ)のWebサービスなので安心です!   詳しくはこちらをご覧ください。

雨漏り修理110番の評判や口コミは?詐欺じゃないの?徹底解説!

2020年2月28日

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

外壁や屋根のことでお困りではありませんか?

業者に問い合わせたら、営業されそうで心配・・・

問い合わせるまでもないけど、ちょっと聞きたい。

など、いつでも無料で相談にのります!

特に築年数が経過した実家リフォームが得意です。

気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です