外壁材ごとでリフォーム費用が変わる?種類別でかかる費用を紹介!!

 

家の外壁は定期的にメンテナンスが必要になりますよね。

 

外壁リフォームしたいけれど、費用相場はどれくらいになるの?と不安ですよね。

 

外壁リフォームは種類別でかかる費用が変わってきます

 

もちろん費用だけではなく、耐用年数メンテナンス周期も多種多様なんです。

 

そこで今回は、一般的に使用される外壁材の種類やその特徴、メンテナンス周期や金額まで詳しくご紹介していきたいと思います。

 

外壁リフォームの価格相場を知って、家の外壁のリフォームに向けて準備を始めませんか?

 

外壁材によってメンテナンスの周期が全然違う!!

 

ひとくちに外壁といっても、世の中には実に様々な種類の外壁材があります。

 

サイディングという名前はよく耳にすることがありますが、サイディングだけでも数種類もあるのはご存じでしょうか。

 

まずは外壁材の種類とそのメンテナンスの周期について説明していきたいと思います。

 

外壁補修の種類

  • モルタル

砂とセメントと水を混ぜ合わせた材料を使い、職人の手作業によって施工されます。

 

仕上げの工法を変えることで様々な仕上げをすることができます。

 

現場でのみ施工を行うので、左官工の力量、塗装工の力量、現場の品質管理への良否により仕上がりに差が出てきます。

 

信頼できる業者に頼むのがおすすめです。

 

  • タイル

粘土を板状に焼き固めたタイルを、1枚1枚貼り付けて外壁が作られます。

 

耐久性がとても高く外壁材としてとても優秀な素材です。

 

  • 窯業系サイディング

セメントや砂と繊維質を主原料とし、現在の一般建築では最も主流といわれるサイディングです。

 

とにかくデザインが豊富なので、スタンダードなものから個性的なものまで、お好みの組み合わせを選ぶ事で様々な外壁のデザインを楽しむことができます。

 

住宅の躯体にサイディングボードを釘で打ちつけ、ボードとボードの間をシーリング材で埋めて施工します。

 

  • 金属系サイディング

アルミニウム・トタン・ガルバリウムなどの金属を成形したものを、断熱材で裏打ちしたものが金属系サイディングです。

 

窯業系に続き需要が増えてきているサイディングです。金属の質感が特徴的で窯業系とは異なる魅力があります。

 

  • 樹脂系サイディング

実は日本ではあまり普及していません。アメリカなど海外で主流とされています。

 

プラスチックが主原料で、雨や塩害に強いという特徴があります。

 

上から塗装をするのではなく素材そのものに顔料を混ぜて色付けを行うので、色褪せや変色が少ないという特徴もあります。

 

また、継ぎ目にコーキングを使用しない工法があり、メンテナンス性が高いと言われています。

 

  • 木質系サイディング

天然木や合板などの木材で作られたサイディングで、断熱性もよく、木のぬくもりや木目を生かしたナチュラルな質感が特徴です。

 

環境にも優しい素材です。ただし、防火指定のある地域では使用できないので、確認が必要です。

 

  • ALC

ケイ酸質・石灰質・アルミニウム粉末を主原料として作られる軽量気泡コンクリートパネルです。

 

とても軽く断熱性・耐火性に優れているのが特徴です。

 

ですが防水性が全くないため、使用する際は必ず防水性・耐久性の高い塗料で塗装しなくてはいけません。

 

このようにいろいろな種類の外壁材があります。

 

やはり日本国内で一番よく見られ、現在の建築で外壁材の主流になっているのはサイディングでしょう。

 

サイディングにもその材質によって分類があり性質見た目大きな違いがあります。

 

それぞれの外壁材のメンテナンス周期

 

ここでは耐用年数とメンテナンス周期の大体の年数をご紹介していますが、耐用年数とメンテナンス周期は全く異なるものです。

 

耐用年数が長いからといって、”メンテナンスをしなくてもよい”という事ではありません。

 

周期的にメンテナンスを行うことで、外壁素材の耐用年数を全うできるといわれています。

 

また、その周期的に行うメンテナンスにも様々な違いがあります。

 

部分的な補修のみを行う場合や、全体の大掛かりな修復などその家自体の築年数や立地条件によっても劣化具合が異なります。

 

気になる箇所が出てきた場合は専門家に確認してもらった方が確実なようです。

 

外壁メンテナンスのポイント

では外壁にどのような症状が見つかったらメンテナンスが必要になるのでしょうか?

 

様々な種類のある外壁材ですが、やはりどの外壁にも年数がたつ毎に定期的なメンテナンスは必要になります。

 

この症状が見つかったら要注意!
  • 複数の仕上げ材にかかるようなひび割れや欠損
  • 下地材まで到達しているようなひび割れや、欠損、浮き、剥がれなど
  • 仕上げ材の著しい劣化(剥がれや浮きなど)
  • 外壁部、または建具周りのコーキング材・防水層の隙間、破断や欠損 ・屋外の建具周りの隙間や破損、開閉不良など

 

このような症状が外壁に見られた場合、専門家はメンテナンスが必要になると判断します。

 

外壁材ごとにリフォームする時の費用相場を紹介!

 

では、それぞれの補修にどのくらいの予算が必要になるのかを確認していきましょう。

 

素材別 外壁補修費用はいくら?

はるこ
いろいろな種類の外壁材があるのねぇ。

やっぱりそれぞれお値段は、だいぶん違うのかしら?

 

あつし
そうだね。じゃあ次は細かな費用について説明をするね。

 

【同じ外壁材のメンテナンス】

外壁材 価格相場
モルタル外壁 50~70万円
タイル 30~50万円
サイディング塗装 30~130万円
(塗料の種類により異なります)
サイディング重ね張り 150~220万円
サイディング張り替え 180~240万円
ALC塗装 40~140万円
(塗料の種類により異なります)
ALC重ね張り 150~万円
ALC張り替え 180~万円

※一戸建て、30~35坪の相場目安

 

実際メンテナンスの作業を行う場合、上記の費用の他に作業用の足場を組んだり、作業場所以外に影響が出ないよう養生をおこなったりします。

 

それらの費用として20万円程度が加算されます。

 

サイディングやALCの場合、コーキング部のみの補修というのもあります。

 

補修する目地部分がどのくらいの長さがあるかによって金額が変わってきますが、仮に30坪程の一戸建てだとします。

 

「打ち増し」(もともとコーキングされている箇所の上から新しいコーキングを施していく)の場合で15万円程。

 

「打ち替え」(もともとあったコーキングを一度全部撤去し下地部分に補修を加えた上で新しいコーキングを施していく)の場合で30万円程

 

これらにも足場や養生代が20万円くらいかかります。

 

はるこ
材質代だけでなく、足場や養生代がかかってくることにも考慮しなくちゃいけないのね!

 

サイディング塗料の種類別の費用は?

今もっとも主流とされているサイディングのメンテナンスでは、サイディング自体の劣化を防ぐためにまずは塗装を行うことが多いようです。

 

そして塗料の種類により金額も大きく変わってきます。

 

塗料種類 耐用年数 説明 価格相場
(約30坪程の一戸建て)
アクリル塗料 5~7年
  • 塗料の中にアクリル樹脂を混ぜて作られた塗料で、安価でツヤや発色が良い。
  • 耐用年数が短く、劣化が早いため、重ね塗りが難しい。
30~60万円
ウレタン塗装 6~8年
  • ウレタン系樹脂を主成分として作られた塗料。
  • 光沢があり、密着性が高く弾性があるのでひび割れしずらい。
  • 耐薬品性が高いので、工場などに適している。
  • 紫外線や水に弱い。
40~60万円
シリコン塗料 10~15年
  • 塗料の中にシリコン樹脂を混ぜて作られた塗料。
  • ツヤがあり汚れに強くコストパフォーマンスが良い。
  • ただ、水性と油性など種類によって耐久年数や価格に差が出やすいため検討と確認が重要。
50~70万円
ラジカル制御形塗料 12~15年
  • 2012年の末頃から出てきた塗料で、劣化の原因となるラジカル物質を制御する働きがある。
  • 塗装の実績はまだ少ないですが、性能が高くとてもコストパフォーマンスの高い。
50~70万円
フッ素塗料 15~20年
  • 合成樹脂にフッ素樹脂を混ぜ合わせた塗料で、汚れや紫外線、酸性雨などに強い。
  • 価格は高いが、耐用年数が長い。
  • メンテナンスを長期で考えるとコストパフォーマンスが優れている。
60~100万円
光触媒塗料 15~20年
  • 光触媒塗料とは、酸化チタンを主原料とした塗料。
  • 雨で汚れを浮かせて流すセルフクリーニング効果がある。
  • 遮熱効果や空気浄化効果などの機能を持っているが、シェアを占めていたメーカーが生産停止しており現在ではあまり使われていない。
80~130万円
無機塗料 20~25年
  • 無機塗料とは無機物を合成樹脂に混ぜて作られた塗料。
  • 無機物の紫外線で劣化しない特徴を活かし耐久性の高い塗料として注目されている。
  • 現在主流のシリコンより2倍近く長持ちする。
  • 塗膜が固いためひび割れしやすい。また木部に塗ることができない。
70~120万円

 

現在はアクリル塗料やウレタン塗料はほぼ使われることはないそうです。

 

一番人気の高いのはシリコン塗料、そして近年人気が急上昇しているのがラジカル制御形塗料です。

 

それぞれの費用は、塗料の種類でかなり差が出てきていますし、長所や短所も様々です。

 

機能性のある塗料やサイディング自体の素材との相性もあるのでメンテナンスの際は、業者さんと相談して、材質や予算に合った塗料を使うことをおすすめします。

 

別の外壁材にリフォームする場合はいくらかかるの⁈

打合せの様子

 

以前はモルタルの外壁が主流でしたが、近年はサイディングやタイルの外壁が主流になっています。

 

そのためモルタルの外壁からサイディングへリフォームするという場合もおおよその価格が気になるところです。

 

モルタル外壁からサイディング外壁へ

まずモルタル外壁からサイディングに変える場合は、150万円~といわれています。

 

内容としては、現状の外壁に重ね張りするものと、一度現状のモルタルの外壁を撤去して防水シートや断熱材などを挿入してからサイディングをはっていくもの。

 

このように2種類の選択肢があります。

 

築年数周囲の環境により躯体の症状が変わってきます。

 

この場合も専門家の方に見てもらい判断をした方が良いでしょう。

 

モルタルやサイディングの外壁からタイル外壁へ

次にモルタルやサイディングなどの外壁からタイルの外壁へ返る場合です。

 

使うタイルの種類により大きく差がでますが150~350万円と言われています。

 

現状の外壁材から別の外壁材へと変える際にも、予算好みはもちろんですが。

 

今後のメンテナンスをどのように行っていきたいのか周りの環境現状の家の状態等を視野に入れて考えていきたいですね。

 

外壁材ごとでリフォーム費用が変わる?種類別でかかる費用を紹介!!についてのまとめ

外壁リフォームイメージ

 

定期的なメンテナンスが必要になる外壁材についてお話してきました。

 

今回は、サイディングやALCで使われているコーキングのみの補修でも35万円~。

 

塗装においては元の壁材の種類や状態によっても異なり、50~150万円かかります。

 

サイディングやALCの重ね張りは170~240万円張り替えは200~260万円とご紹介しましたが、外壁材の種類は様々です。

 

金額も大きく幅があり、もちろん工事を依頼する業者さんによっても変わってくるでしょう。

 

家族が安心して暮らせる家を守ってくれる重要な外壁です。

 

リフォーム工事を依頼する際は、信頼のできる優良業者へ依頼するよう、しっかりとした検討をおすすめします。

 

あつし
僕がおすすめしているヌリカエは、業界最大規模の外壁・屋根塗装業者紹介サービスです! サイディングの外壁材の貼り替えや塗り壁にも対応しています!

詳しくは、こちらをご覧ください。

外壁塗装のヌリカエは悪質!?口コミや評判を徹底調査!!

2020年6月13日

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

外壁や屋根のことでお困りではありませんか?

業者に問い合わせたら、営業されそうで心配・・・

問い合わせるまでもないけど、ちょっと聞きたい。

など、いつでも無料で相談にのります!

特に築年数が経過した実家リフォームが得意です。

気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です