自宅をリフォームするときに外壁の色選びはもう迷わない!!

 

外壁のリフォームを行うと、長年住んでいた家が新築のように生まれ変わります!!

 

みなさんが外壁のリフォームを行う上で迷うところはではないでしょうか?

 

外壁の色は家の顔になりますし、そんなに頻回に変えられるものではありません。

 

一般的に、外壁は一度変えたら10年は変えないと言われています。

 

値段も決して安くないので、どうせ変えるなら綺麗でしっくりくる色がいいですよね。

 

今回は、外壁リフォームの色選びのポイントを説明していきたいと思います。

 

これから外壁をリフォームをされる方は必見ですよ!!

 

はるこ
外壁って派手じゃないなら好きな色でいいんじゃないの?

 

あつし
基本的には好きな色でいいと思うけど、色によって特徴があるんだ。

 

外壁リフォームの色選びのポイント

 

まず、外壁リフォームにおいての色選びのポイントをお伝えしていきますね。

 

よくある失敗

外壁の塗装は、色選びを間違えてしまうと、次の塗装工事のサイクルである10年間そのままか、塗り直しの場合はさらに費用が掛かる可能性があります。

 

まずは、よくある失敗を整理していきましょう。

 

●失敗その1 イメージと違う

色を選ぶ時、周りの家の色やカタログを見て「これだっ!!」という色を選ぶと思います。

 

しかし、塗装工事が完成したら「あれ、こんな色のイメージじゃないんだけど…」「ちょっと濃い…」ということがあります。

 

●失敗その2 近所の家と調和がとれていない

少し派手な色(濃い赤や青など)を選ぶと、周りの家と比べて雰囲気が浮いてしまう可能性があります。

 

外壁の色を考える時に、自宅周辺を散策して周りの家の外壁や雰囲気を見てはいかがでしょうか?

 

近所の外壁を確認してから、自宅外壁の調和を考えた方がよいかもしれません。

 

完成した時に「あれ?なんか浮いてない?」ということはなくなるかと思います。

 

●失敗その3 思ったよりも汚れが目立つ

外壁は、雨・ほこり・黄砂など、屋外ならではの汚れにさらされています。

 

あとで色の特徴について説明しますが、実際に汚れが目立ちやすい色はあります。

 

イメージや調和を考えた上で「この色!!」と決めていても、それは、もしかしたら汚れが目立つ色かもしれません。

 

はるこ
ん~色の選択って難しそう…もっと簡単かと思ってたわ…

 

あつし
あくまで失敗例だからね。厳密に準備したり、しっかり家族と色のイメージを話し合ったらイメージ通りに近づけるはずだよ!!

 

屋根、窓との相性

外壁の色を選択するとき、意外にチェックし忘れてしまうことがあります。

 

それは、屋根や窓・ドアの色合いです。

 

特に屋根は面積が広く、外壁の次に印象に残りやすいのです。

 

屋根が洋風なのに外壁が和風だと、屋根と外壁との調和がとれず、見栄えのよい家とは言えませんよね。

 

近所の家、風景との調和

失敗例でも説明しましたが、周りの家や風景との調和は意外に重要です。

 

あえて目立った外壁にするという選択肢もありますが、目立ち過ぎるのもNGです。

 

「個人の自由じゃないか!!」という意見もあるとは思いますが、実は日本の法律に景観条例というものがあります。

 

地域によって異なるのですが、景観を保全するルールがあるのです。

 

京都や出雲のコンビニ、スターバックスコーヒーなど、普段見る色でなく、和風テイストの店がありますよね?

 

観光地では、歴史ある街並みの外観を崩さないように外壁の色を制限する条例があります。

 

住宅街でも景色の調和は大事です。すなわち、あまり奇抜すぎる色はNGと言えます。

 

外壁リフォームの色選び【各色の特徴】

 

では、外壁リフォームで色を選ぶ時の、各色の特徴をご紹介します。

 

●汚れが目立ちやすい

黒は、スタイリッシュでお洒落に見える色でもあり、無難な感じがしますよね。

 

一見、汚れなどが目立ちにくそうですが、黒は白に次いで汚れが目立ちやすい色なのです。

 

理由としては、汚れと黒の輝度(コントラスト)に差があるからと言われています。

 

最近は、黒の外壁の建物は増えてきています。

 

しかし、自宅の外壁であれば、アクセントで他の色を取り入れ、スタイリッシュでお洒落な感じを演出した方がよいでしょう。

 

●室内温度が上がる

黒は、太陽の熱を吸収しやすい特徴があります。(黒い服装が好みの方ならわかりませんか?)

 

外壁も一緒で、太陽の熱を吸収し、そのまま室内温度が上昇することがあります。

 

断熱材によっては、体感できるほどの差はないようですが、断熱材が劣化してくると室内温度の上昇が気になります。

 

●劣化スピードが速い

先ほど熱を吸収しやすいと話しましたが、熱を吸収しやすいということは紫外線も吸収しやすいということです。

 

紫外線は塗料の劣化を早める要因ですので、紫外線を吸収しやすい=劣化が早まるということになります。

 

●他の色と組み合わせやすい

白い外壁は、爽やかさや、どこか上品な感じを出せます。

 

また、他の色との組み合わせもしやすく選びやすい印象がありますね。

 

実際、白は気分をすっきりさせる色でもありますし、清潔感があります。

 

ツートーンで青など組み合わせて爽やかな外壁にもできますし、黒と組み合わせてモノトーンにもできます。

 

さらには、白一色にし、スタイリッシュな外壁にするなど選択肢もたくさんあります。

 

しかし、清潔感がある色ならではの注意点もあります。

 

●とにかく汚れが目立ちやすい

白の外壁で一番注意すべきデメリットだと言えます。

 

土やほこりだけでなくカビやコケなど、濃い色の汚れがとても目立ってしまいます

 

そのため、白を選択する際には、汚れやカビ・コケが付きにくい塗料を専門家と相談して検討するのがおすすめです。

 

●近所の雰囲気から浮く可能性がある

周りの家が茶色やグレーの外壁だと少し浮いてしまう可能性があります。

 

色の選択をする際には周りの景観も注意しましょう。

 

ちなみに周りの色が濃い場合は、ツートーンにすることで調和がとれます。

 

茶色

●どんな色でも合わせやすい

茶色はどんな雰囲気の家でも合わせやすい色です。

 

さらに色合いを変えることにより、和風な家にも洋風な家にもできます。

 

万能で汚れの心配が少なく、長い目で見ても色やデザインを楽しめる色です。

 

実際、住宅街を散歩していると、茶色テイストの家をよく見ますよね。

 

茶色を選ぶ上でも注意点はあります。

 

●茶色は茶色でも種類がある

汚れが目立ちにくく、どんな雰囲気にも臨機応変に合わせやすい茶色ですが、注意しないといけないのは色のイメージです。

 

一言で茶色といっても、焦げ茶色から赤みのかかった茶色、明るい茶色などたくさん種類があります。

 

色の濃さや明るさによって、イメージが変わってしまいます。

 

クリーム

●他の色と調和が取れやすい

ベージュ系とも表現されます。

 

塗装の人気カラーでもあるクリーム色は、とてもシンプルで近所の風景と調和がとれやすい色です。

 

他の色とも相性が良く、失敗しにくい色合いと言えます。

 

さらに汚れが目立ちにくくなります。

 

●組み合わせに注意

クリーム色は人気で汚れが目立ちにくい色ですが、組み合わせに注意する必要があります。

 

ツートーンにする際に同じような色にしてしまうと締まりがない外壁になってしまいます。

 

色の組み合わせは、白や黒などメリハリのある色を選択すると引き締まった外壁になります。

 

強い赤や青のような色を選ぶと、統一感のない外壁になってしまうので注意が必要です。

 

●ワンポイントで使うとよい

赤い外壁塗装の家はあまり見かけることがありませんね。

 

なぜならば、赤は非常に目立ち、近所の雰囲気と調和しにくい色でもあるのです。

 

メインを淡い色にし、ワンポイントで赤を使うなどの工夫が必要です。

 

●色が傷みやすい

赤はとても傷みやすい色です。

 

長く乗っている赤い車をイメージしてもらえばわかると思いますが、月日がたつと段々かすんできませんか?

 

これは、赤色が紫外線、つまり青い色を吸収しやすいからです。

 

外壁は車と違い、常に紫外線にさらされます。

 

ですので、赤い外壁にする際は退色に強い塗料を使うなどの工夫が必要です。

 

●耐久性が高く、万人受けがよい

青は、空や海をはじめ涼しそうで綺麗な色で万人にも受けがよい色ですよね。

 

濃さを考えれば、目立たせることも調和することもできます。

 

そして、青色は紫外線を吸収しにくいので、耐久性が高い色とも言えます。

 

●塗料が劣化した時、目立ちやすい

青は劣化しにくいですが、劣化してしまうとチョーク現象といって、外壁を触ると白い粉がつくことが起きます。

 

そうなってしまうと濃い青だと汚れが目立ってしまいます。

 

白っぽくなる現象なので、濃い青色と比べて薄い青色だと劣化は目立ちにくくなります。

 

●カラーバリエーションが多い

青も茶色と一緒で、色の濃さによって見栄えが変わってきます。

 

ですので、青も最終的にはどういう色になるか細かいチェックをしていく必要があります。

 

ツートーンカラー

●配色によってお洒落になる

ツートーンカラーは最近増えつつある外壁の色です。

 

色の配色によっては、外観をとてもお洒落に仕立て上げることが可能になります。

 

色のチョイスや配置に気をつけなければ、失敗することがあるので押さえておきましょう!!

 

●ツートーンカラーを選ぶポイント

調和がとれた色を選ぼう

ツートーンカラーで選ぶ色は、色相環の隣り合う色や近い位置にある色を選ぶと色相がまとまって見えるようになります。

引用カーテンズ

 

【色を選ぶ基準を知ろう

外壁の色は3色以内に抑えることがベストだと言われています。

 

3色以上になってしまうと個々の色の主張が強くなり、まとまりのない色合いになってしまいます。

 

色選びのコツは、ベースアソートアクセントの3つを考えることです。

 

●ベース

塗装面積が一番大きい色を指します。外壁全体の70%位ですね。

 

近所の家から逸脱しすぎる鮮やかな原色などは不向きと言えます。

 

●アソート

外壁全体の約25%を占めています。ベースとアクセントの間をつなぎ、安定した色合いにする役割を持ちます。

 

●アクセント

外壁の約5%程度です。ですが、その5%にも外壁に個性的な印象を与えたり家の雰囲気を引き締める効果があります。

 

引用:リフォマ

 

セパレーションカラーを使う

セパレーションカラーという色はご存じですか?

 

セパレーションカラーとは、分離させる、引き離す色のことを言います。

 

引用:外壁塗装Biz

 

しっかりシミュレーションをしてみないと完成した時に「こんな感じじゃないんだけど…」となりかねません。

 

細かな違いがあるからこそ、どういう雰囲気になるかを細かくチェックする必要があります。

 

色面積に注意

色の見え方には色面積効果というものがあります。

これは、色の面積が大きくなれば大きくなるほど、濃い色は濃く、薄い色は薄く見えることを言います。

少なくともA4サイズで色面積もチェックした方がよいでしょう。

A4サイズの色見本は、業者に頼めば用意してもらえます。

 

引用:Color Pallet

 

はるこ
色選びも単純じゃないのね…

 

あつし
そりゃそうだよ…長い目で見たら、汚れとか出てくるからね。色の特性を知るのは大事だよ!!

 

外壁リフォームの色選び【カラーシミュレーション

 

ツートーンカラーは色の組み合わせ次第で外観が変わりますので、どの色がよいか、なかなかわかりません。

 

そういう時にはカラーシミュレーションが使えます。

 

最近ではインターネット上にたくさんのカラーシミュレーションがあります。

 

自分が納得できるまでしっかりシミュレーションをしていきましょう。

 

【おすすめカラーシミュレーションサイト】

 

ですが、カラーシミュレーションには注意点があります。

 

それは、ディスプレイ越しの色と実際の色が一致しない可能性があることです。

 

印刷してもプリンターの画質によっては色合いが変わってきます。あくまで外壁塗装の参考と考えてください。

 

はるこ
カチッ、カチカチ (パソコンじーーー)

 

あつし
ものすごいパソコンみてる…凄くよいツールだけど、あくまで参考だからね!!

 

外壁リフォーム色選びのまとめ

 

外壁の色選びは、服のコーディネートと違って選ぶ時にかなり神経を使いますよね。

 

そんなに頻回に変えられる訳ではありませんし、外壁は自宅の顔のようなものです。

 

失敗してしまったら嫌でも目に入ってしまいます。

 

色の特徴や注意点を踏まえ、周りとの調和も考えながら、念入りに色を決めましょう。

 

素敵な外壁に仕上げていきたいですね!!

 

あつし
僕がおすすめしているヌリカエは、業界最大規模の外壁・屋根塗装業者紹介サービスです!

詳しくは、こちらをご覧ください。

外壁塗装のヌリカエは悪質!?口コミや評判を徹底調査!!

2020年6月13日

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

外壁や屋根のことでお困りではありませんか?

業者に問い合わせたら、営業されそうで心配・・・

問い合わせるまでもないけど、ちょっと聞きたい。

など、いつでも無料で相談にのります!

特に築年数が経過した実家リフォームが得意です。

気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です