リフォームで外壁をタイルに!!費用はどのくらいかかる??

 

お家のイメージをガラッと変えることのできる外壁リフォーム。

 

リフォーム後の我が家を想像するだけで、ワクワクしますね!!

 

『タイル』は、おしゃれで高級感をかもしだし、また高い耐久性が大きな魅力です。

 

しかしそこで、一番気になるのはやはり…。

 

費用のことではないでしょうか?

 

リフォームしたいけど、費用が気になる!

 

そんな読者様に、今回は以下のことをご紹介します。

 

  • タイルのリフォーム費用は割高?
  • タイルのメンテナンス費用は割安?
  • タイルの耐久性は、職人さんの腕次第?

 

「タイルのリフォームの見積もりを依頼したら、膨大な金額を提示された……」

 

「悪徳業者に騙されてるんじゃないか……」

 

読者様が、このような不安を解決して気持ちよくリフォームに踏み切れるよう、お力になれたら幸いです!!

 

タイルのリフォーム費用は割高?

 

タイルへのリフォーム費用は、他の外壁材リフォームに比べ割高です!!

 

一般的な外壁をタイルに張替える費用は、約13,000~36,000円/㎡

 

内訳は、このようになります。

 

  • 下地処理:約5,000円~6,000円/㎡程度
  • 外壁タイル張替:約8,000~30,000円/㎡程度

 

※タイルの種類や、施工方法によって費用は違ってきます。後でご説明しますね。

 

金額はわかったけど、これって割高なの?!とピンときませんね。

 

では参考までに、一般的な価格帯を見てみましょう。

 

代表的な外壁材の価格帯比較

外壁材 価格帯目安
モルタル 約2,000~8,000円/㎡
窯業系サイデイング 約3,000~15,000円/㎡
金属系サイデイング アルミニウム 約5,000~8,500円/㎡
金属系サイデイング ガルバリウム鋼板 約3,500~6,000円/㎡
タイル 約9,000円~/㎡

 

これにより、タイルは、他の外壁材に比べ、価格が高いことが分かりますね。

 

では次に、一般的なリフォーム費用を見てみましょう。

 

リフォーム費用の比較

外壁の施工の種類 ㎡単価目安
タイル 素材や下地にもよるが、13,000円~
サイディング 4,000円~
塗装 6,000円~

 

やはりこちらもタイルは他の外壁材のリフォーム費用より高額なことが分かりますね。

 

この理由は、施工方法にあります。

 

外壁タイルの施工方法
  • 下地にサイデイング、その上に接着剤で外壁タイルを貼り付ける
  • このため、サイデイングと外壁タイルの二重外壁となる
  • 外壁タイルを一枚一枚手作業で貼り付け

 

このような材料費と、このような施工方法により、外壁をタイルに張り替えるリフォームでは、費用が割高になるのです。

 

リフォーム費用はタイルの種類や工法によって変わる!

 

リフォーム費用は、タイルの種類や工法によって変わります。

 

タイルの種類

外壁用のタイルの種類にはこのような違いがあります。

  • 吸水率による区分
  • うわぐすりの有無
  • 成形方法

 

【吸水率による区分】

Ⅰ類(磁気質):吸水率3.0%以下
  • 外壁に多用されるタイル
  • 吸収率は低い
  • 親水性が高い
  • タイルの表面に水の膜ができると共に、汚れを洗い流すセルフクリーニング効果がある

 

Ⅱ類(せっ器質):吸水率10.0%以下
  • 外壁に多用されるタイル
  • レンガのような素朴な風合いがある

 

【釉薬(うわぐすり)の有無による違い】

施釉タイル
  • 表面に釉薬を施したタイル
  • 釉薬が塗られたタイルを高温で焼き上げることにより、表面がツルツルしたタイルに仕上がります。
  • また、施ゆうタイルは、着色が可能

 

無釉タイル
  • 釉薬を施さず、素地がそのまま表面となるタイル
  • 無ゆうタイルは、釉薬を塗らずに焼き上げる素焼きのタイル
  • 粘土素材の自然な色や、質感に魅力があり、施ゆうタイルよりも高価

 

【成形方法の違い】

乾式成形
  • 高圧プレス機で型にはめて押し固める成形方法
  • 寸法精度が高い特徴
  • コストは湿式成形より安価

 

湿式成形
  • 機会から押し出し、サイズに合わせてカットする成形方法
  • 表面に模様をつけることができる

 

工法の種類

タイルには、湿式工法乾式工法があります。

 

湿式工法
  • 古くからおこなわれていた施工方法
  • モルタルや接着剤で下地とタイルを張り付ける工法
  • 高い技術が必要
  • 長い工期が必要
  • 乾式工法より高価

 

乾式工法
  • 近年主流の施工方法
  • 施工費1㎡あたり4,000円~
  • サイディング素材や合板の溝などにタイルをひっかけたり、接着剤で固定する方法
  • 乾燥する時間が不要の為、工期が短い

 

このように、リフォーム費用は、タイルの種類や、工法の組み合わせによって変わります。

 

それぞれのメリットを踏まえた上で、ご予算内で種類、工法を選ぶことをおすすめします。

 

タイルのメンテナンス費用は割安?

 

外壁タイルのメンテナンス費用は、他の外壁材に比べ、割安です!!

 

どういうことか、見ていきましょう。

 

メンテナンス頻度の比較

外壁の施工の種類 メンテナンス頻度目安
タイル 洗浄(汚れ気になったら)・目地補修(20年毎)
サイディング 塗り替え(7~10年)張り替え(20~30年)
塗装 洗浄・塗り替え(15~20年)

 

高圧洗浄の費用

■約100~500円/㎡

 

外壁の汚れは高圧洗浄で行います。

 

目地のコーキング補修

■コーキング増し打ち:約500~700円/m(既存のコーキングの上に足す)

 

■コーキング打ち替え:約900~1,200円/m(既存のコーキングを撤去し充填)

 

■コーキング材撤去費用:約400~500円/m(打ち換えの場合発生)

 

コーキング材は経年により必ず劣化し、放置すると雨漏りの原因になります。

 

なお、タイル自体は、塗りなおす必要はありません。

 

このような理由から、メンテナンス費用は割安になるのです。

 

あつし

タイルは、リフォーム用は高いけど、メンテナンス費用は抑えられるんだ。

 

はるこ
長い目で見るとお得なのね!!

 

タイルの耐久性は職人さんの腕次第?業者選びは慎重に!

 

外壁をタイルにする場合、タイルを、接着剤や金具で壁に取り付けます。

 

この施工をしっかり行えば地震にも強く丈夫です。

 

しかし、反対にしっかり行えなければ「耐久性」も低く、また「浮き」や「剥がれ」、「一部タイル落下」のようなトラブルが発生します!

 

「タイルの耐久性は、実は職人さんの腕次第」と言われる理由は、このようなことからです。

 

そんなこと言われても・・・。

 

私たちは職人さんを信じるしかない!!のが現実ですよね。

 

だがしかし、デメリットを確実に回避したい!!

 

誰もがそう思いますよね。

 

だからこそ、「費用が安い」ばかりに気を取られてはいけません。

 

業者選びを慎重に、まずは信頼出来る業者を見極める事が重要となるのです!!

 

他にも、相場より高額なリフォーム費用を請求する悪徳業者も存在します。

 

あつし

実際に、タイルのリフォーム費用を不安に思っている人もいるんだ。

皆さんの声も聞いてみよう!!

 

今我が家をリフォームしているのですが、室内外合わせて約50平米をタイル張りにしょうと某リフォーム会社に見積もり依頼をしたところ、膨大な金額を提示されました。

引用:教えて!goo

 

先日訪問販売できた業者に話を聞き、即日モニター価格ということで契約をしました。
翌日、他の業者に見積もりをとることもなく、契約までしたことに不安を感じ、費用面で適切なものなのか質問させていただきたいです。

引用:教えて!goo

 

あつし
膨大な金額を請求してきたり、技術のない職人さんが施工していることも事実。

でも、だからこそ、信頼できる業者を探すことが何よりも大事なんだ。

 

はるこ
費用のことばかり気になっていたけど。

まずは、信頼できる業者か見極めが大事なのね!!

 

そもそもタイルってどんなもの?

 

タイルとは、石や土などを混ぜて1200~1300度の高温で焼き固めたものです。

 

メリット
  • 耐久性が非常に高い
  • 耐火性が非常に高い
  • 傷がつきにくくとても丈夫
  • 紫外線や雨などに対して劣化や変色・変質がほとんどない
  • メンテナンス性に優れている
  • デザイン性の高さ
  • 自然の素材の美しさ
  • 独特な高級感、重厚感

 

デメリット
  • 他の外壁材に比べてリフォーム費用は割高
  • 重量があるため、地震時に建物負担が大きい

 

絶え間なく変化する自然環境の中で、日々家はもとより家族を守ってくれる外壁。

 

どんな外壁材にも、メリットデメリットはありますが、タイルのメリットは唯一無二と言っても過言ではないようです!!

 

外壁をタイルにリフォームする費用まとめ

 

一般的な外壁タイルを張替える費用は、約13,000~36,000円/㎡

 

費用に影響するもの
  • タイル材の種類
  • 工法の違い
  • 面積
  • 足場代
  • 養生費
  • 運搬費

 

これらにより、費用が大きく変わります。

 

まずは、正確な費用を知るために、信頼出来る業者に見積もりを出してもらいましょう!

 

このリフォームは、きっと家族みんなの笑顔を運んできてくれます。

 

どうか、読者様にとって最高のリフォームを実現してくださいね!!

 

あつし
僕がおすすめしているヌリカエは、業界最大規模の外壁・屋根塗装業者紹介サービスです! サイディングの外壁材の貼り替えや塗り壁にも対応しています!

詳しくは、こちらをご覧ください。

外壁塗装のヌリカエは悪質!?口コミや評判を徹底調査!!

2020年6月13日

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

外壁や屋根のことでお困りではありませんか?

業者に問い合わせたら、営業されそうで心配・・・

問い合わせるまでもないけど、ちょっと聞きたい。

など、いつでも無料で相談にのります!

特に築年数が経過した実家リフォームが得意です。

気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です