そのリフォームちょっと待った!雨漏り修理の相場と相談しましょう

 

雨漏りの修繕リフォームでお困りの読者様はいらっしゃいませんか?

 

今すぐに何とかしたい!…今すぐにでもどうにかしたい!!

 

ちょっと待ってください。落ち着いてください。

 

焦っていいことはありません。

 

はるこ
焦ってやって、良いことなんてないんだから

 

僕もそそっかしいので、若かりし頃によくこう言われたものです。

 

ここはまず敵を知って、落ち着いた大人の対応をしましょう。

 

そこで今回は雨漏りに関するリフォームについてご紹介します。

 

ぜひ、最後まで読んでみて下さいね!

 

ほんとうは難しい?雨漏りの原因特定

 

雨漏りとは建物内のどこかから雨水が漏れ出して、家の中に滴り落ちてくることです。

 

雨漏りの直接的な原因として、台風や地震や大雪などの自然災害を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

 

また雨漏りは老朽化した家にしか発生しないというイメージも大きな間違いです。

 

劣化の他にいろいろな要因が複雑に合わさって起きた雨漏りは原因の特定が難しいです。

 

思いがけず、一部分だけの修繕ではなく、全体的に修繕が必要になるケースもあるのです…!

 

雨漏りをほっておくと、内部の腐食を進行させてしまう可能性もあるので早めの対応が必要です。

 

では雨漏りの代表的な原因箇所についてそれぞれみていきましょう。

 

屋根の破損

 

屋根は直接雨風にさらされているためダメージは大きく壊れた部分から雨漏りが発生します。

 

  • 屋根ストレートのヒビ割れ
  • 瓦を固定している漆喰の崩れ
  • 瓦のズレ

 

これらの発生原因として、台風や地震による外的要因のほかに経年劣化があります。

 

あつし
元々まっすぐ平らに揃っていたはずの屋根も、経年劣化によって反り返ってしまうんだね。

 

屋根が原因の場合、天井のシミ、天井クロスの浮きや剥がれが症状として現れます。

 

窓サッシの破損とコーキングの劣化

引用:雨漏り防水工事の情報サイト

 

窓サッシは家の中と外を貫通しているため、窓枠を伝って水が浸入してきやすい場所です。

 

コーキングと言って窓サッシの周りと壁を埋めるゴム状の防水材が経年劣化により縮んで隙間ができ、雨漏りを引き起こします。

 

このコーキングの劣化が原因となることが多いです。

 

また窓サッシの周辺は窓の開け閉めによる小さな衝撃が積み重なって、ひび割れを引き起こしやすい場所なので注意が必要になります。

 

窓周辺が原因となる場合の主な症状は、窓枠から水がポタポタ滴り落ちてくる、窓下の剥がれなどです。

 

外壁のひび割れとコーキングの劣化

引用:MK塗装工房

 

外壁の劣化により外壁にヒビができて、そこから雨漏りが発生することがあります。

 

幅1㎜程度のヒビであれば直接的な被害は少ないものの、幅3㎜以上になると外壁の向こう側まで貫通している可能性が出てきます。

 

小さなヒビでも早期の発見が必要です。

 

またコーキングの劣化によりひび割れが発生し、そこから雨漏りします。

 

コーキングの耐久年数は約10年といわれているので、注意が必要です。

 

外壁が原因の場合、壁紙の浮きやシミ、部屋がかび臭いという症状が現れやすいです。

 

ベランダの防水機能の劣化と排水口の詰まり

引用:雨漏り110番

 

ベランダに鉢植えを置いたり、雨水にさらされていると経年劣化が起こります。

 

それにより、防水塗装や防水シートがひび割れや剥がれ、破れという現象により雨漏りを引き起こすのです。

 

また、ベランダの排水口は、水の通り道で雨水や太陽にさらされているため劣化しやすい場所です。

 

排水口の劣化により周囲の防水層がはがれて隙間が生じ、その隙間から雨水が入り込み雨漏りが発生します。

 

排水口の詰まりも雨漏りを発生させる大きな要因となります。

 

ベランダは意外に見落としがちな場所なので、注意が必要です。

 

ベランダが原因の場合、ベランダの下の部屋での雨漏りやベランダの軒天井のシミに現れやすいのです。

 

はるこ
雨漏りといえば、台風とかで屋根が壊れて天井からポタポタっていうイメージよね

 

あつし
原因が複雑に合わさって雨漏りが起こることもあるから、

直接的な原因の特定が難しいんだ

 

場所別現れる症状

①屋根:天井のシミ、天井クロスの浮きや剥がれ

②窓サッシ:窓枠から水がポタポタ滴り落ちてくる、窓下の剥がれ

③外壁:壁紙の浮きやシミ、部屋のかび臭さ

④ベランダ:ベランダの下の部屋での雨漏りやベランダの軒天井のシミ

 

症状からもしかしてこれが原因かも?と検討がつくと少しは落ち着けるかもしれません。

 

しかしあくまでご参考までに。個人で判断せず、正確な判断は専門業者にお願いしましょう。

 

雨漏り対応リフォームの相場と調査費用の相場

ここからは、気になる箇所ごとのリフォームにかかる相場についてご紹介します。

 

原因となっている箇所だけでなく、被害状況によって一部分の補修で済むのか全体的なリフォームが必要なのかによって金額が変動します。

 

雨漏り修理内容 費用相場
屋根の雨漏り修理 1万~45万円
窓サッシ、天窓の雨漏り修理 3~25万円
ベランダの雨漏り修理 3~25万円
外壁の雨漏り修理 5~50万円
天井の雨漏り修理 10万~15万円
屋上の雨漏り修理 20万~100万円

 

それぞれの雨漏り箇所について、もう少し詳しくお話していきます。

 

屋根の雨漏り修理

屋根の工事費と合わせて、別途足場代や諸経費がかかる可能性があります。

 

さらに、屋根の瓦を固定している漆喰の崩れや破損が激しく補修工事が必要となる場合。

 

屋根に上がる危険作業として、さらに人件費がかかるケースが多いです。

 

もともと施工不良や経年変化で屋根の損傷が激しい場合は、約200万円~300万円のコストがかかることもあります。

 

普段なかなか見えない場所なので、こうならないためにも定期的にチェックできるとよいですね。

 

外壁の雨漏り修理

外壁の雨漏りはコーキングやひび割れが原因です。

 

コーキングの部分補強であれば約5万円~10万円程で補修できますが、足場が必要な工事になると合わせて約50万円程かかってしまいます。

 

こちらの記事では、壁からの雨漏りの応急処置をご紹介しています。

雨漏りの応急処置!実は屋根だけじゃない!壁の応急処置について

2020年3月3日

 

天井の雨漏り修理

天井の修理は下地まで腐食しているかがポイントです。

 

下地まで腐食していると天井の張り替えと下地の石膏ボード交換約10万円程(20㎡あたり)とさらに約5万円ほどかかります。

 

この場合、天井の補修だけではなく、屋根や外壁の修理も併せて必要になるケースもあるので注意が必要です。

 

ベランダ(バルコニー)の雨漏り修理

ベランダやバルコニーの修理についても下地まで劣化しているかがポイントです。

 

約3万円~20万円程でおさまることが多いですが、下地まで修理する場合、約25万円程かかります。

 

窓枠(サッシ枠)天窓の雨漏りの修理

窓枠(サッシ枠)天窓が原因の雨漏りの場合、コーキングの劣化によるケースが多いです。

 

コーキング部分や窓枠の補修は、約3万円~25万円程かかります。

 

また天窓の寿命は20年から30年です。劣化により新しいものに交換する場合、工事規模によっては約80万円~90万円程かかることもあります。

 

サッシからの雨漏りは、こちらの記事で詳しく解説しています!

雨漏りの原因は?サッシが水漏れした時の修理費用と修理方法

2020年3月29日

 

屋上(陸屋根)の雨漏りの修理

屋上(陸屋根)の雨漏りは、防水材の経年劣化が原因となることが多いです。

 

面積の広さや足場の設置が必要となるか、これを機に長寿命の防水材を使用するかでコストが変動します。

 

雨漏りの原因調査にかかる費用

雨漏りの原因はなかなか判断しにくいことを先にも述べました。

 

専門業者でも原因がすぐに判断できない場合、工事費用のほかに別途調査費用がかかることがあります。

 

代表的な調査方法の費用相場をご紹介します。

 

引用:ユーコーナビ

 

この調査をしたからと言って確実に原因を解明できるとは限りません。

 

でも、全く見当違いな工事を避けることができるというメリットがあります。

 

優良業者との出会い方教えます

 

雨漏りの対応は早めに行動しましょう!

 

しかし、すでに雨漏りしている!どうしよう!と焦ってこの記事を読んでいる読者様は一呼吸おいて、落ち着いて下さい。

 

  • えいっとすでに決めた業者は信用できる業者ですか?
  • 不安をあおるようなことを言っていませんか?
  • 価格を安くすることばかり言っていませんか?

 

応急処置は自分でできても、個人ではなかなか判断が難しいため、最終的には専門家にお願いしてください。

 

雨漏りリフォーム成功のカギは業者選びにかかっています。

 

以下チュックリストを参考にしてみてください。

 

優良業者の見分けるチェックリスト

✔①経験豊富な『雨漏り診断士』が在籍しているか?

(※雨漏り診断士とは雨漏り診断能力の向上を目的とした民間資格です)

✔②工事内容の詳細を納得いくまで説明してくるか?

✔③近隣へのフォローができているか?

(ブルーシートによる養生や騒音に対するクレーム対応などができるかどうか)

✔④地域密着型の業者かどうか?

(修理後、何かあった時に駆けつけてもらえるように。地域住民の口コミが頼りになるため、すぐに対応してくれるでしょう)

 

業者選びは、雨漏りを得意としていて経験豊富な業者かどうかが重要なポイントです。

 

さらに一番大切なことはすべて業者に丸投げするのではなく、積極的にコミュニケーションをとって疑問や不安をなくすことです。

 

その問いに対して納得できる説明をしてくれる業者なのかを見極めましょう。

 

雨漏りの原因はプロでも判断がつきにくい複雑なものです。

 

結局適切な対応ができず、雨漏りを繰り返すことは避けたいですよね。

 

ここは冷静になって経験豊富で信頼できる業者を選ぶことが大切です。

 

良い業者と出会い、雨漏りが解消できますように。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

あつし
僕がおすすめしているのは雨漏り修理110番です!
必要な部位だけ施工する雨漏り「修理25,000円」からの低価格の上、追加料金不要の料金体系です。 東証上場企業である「シェアリングテクノロジー株式会社」が運営しており、利用シェアNo.1(楽天リサーチ調べ)のWebサービスなので安心です!   詳しくはこちらをご覧ください。

雨漏り修理110番の評判や口コミは?詐欺じゃないの?徹底解説!

2020年2月28日

 

 

 

外壁や屋根のことでお困りではありませんか?

業者に問い合わせたら、営業されそうで心配・・・

問い合わせるまでもないけど、ちょっと聞きたい。

など、いつでも無料で相談にのります!

特に築年数が経過した実家リフォームが得意です。

気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です