中古住宅の耐震リフォーム費用とは?耐震診断って無料でできないの?

 

中古住宅って実は若い世代に人気なんです。

 

中古住宅をリフォームして、お気に入りの持ち家にして楽しんでいるようです。

 

自分のお気に入りにこだわり、プレミアム(付加価値)に対してしっかりと対価を払うというプレミアム消費指向が原因だと言われています。

 

ところが住宅設備を変えたりインテリアにはお金をかけるのに、構造の方にはお金をかけない傾向にあるようです。

 

素敵なインテリアや使い勝手のいい住宅設備にはなんとかお金を工面する方法を考えようとしますよね。

 

でも、構造体の方となるとなぜか、財布の紐がきつく締められてしまうような気がします。

 

今回は、中古住宅の耐震リフォームの費用についてお伝えします!

 

ぜひ、最後まで読んでみて下さいね。

 

耐震リフォームの費用っておいくらかご存知ですか?

 

耐震リフォームの費用相場

一般的な耐震リフォーム工事の平均価格は150万円、1981年以前に建てられた家は180万円くらい。

 

耐震診断と合わせると200万円ほどかかります

 

さらに必要な工事もでてくるかもしれません。

 

見えないところに200万円なんて…と、財布のひもがきゅーーっとしまっていきそうですが…。

 

なぜかステキなインテリアや便利な住宅設備にはゆるんでしまいがちな財布のひも。

 

でも、素敵な生活空間ってもしかしたら案外お安くできるかもしれないんです。

 

お金の配分を考えて目に見えないプレミアムにもこだわってみてはいかがでしょうか

 

補足
●1981年6月以前に建てられている木造住宅については診断についても補助金が出る自治体がある

●2019年現在、2000年の建築基準法を基準にしているので1981〜2000年に建てられた家も耐震工事は必要と考えられている

 

耐震診断の費用相場

耐震リフォームの見積もりを取るには、耐震診断が必要です。

 

耐震診断にも費用がかかります。

 

耐震診断料(費用)の目安

木造住宅の耐震診断料金は延べ床面積が120㎡(37坪弱)ほどの在来軸組構法の建物で概ね20〜50万円です。

S造(鉄骨造)では 概ね 約1,000円/㎡〜3,000円/㎡なので120㎡ですと12〜36万円

RC造(鉄筋コンクリート造)では 概ね1,000円/㎡〜2,500/㎡なので120㎡では12〜30万円

引用:日本耐震診断協会

 

はるこ
ええ⁈とりあえず見積もりを取りたいだけなのにこんなにお金がいるの?

こういうのこそ、お安くできる裏技を調べてくれないと。

 

残念ながら…そんな裏技はありません。

 

条件を満たせば市区町村から補助金が出ますが、それ以外の「オトク」情報はもしかしたら危険かもしれません。

 

特に、診断もせずにいきなり見積りや工事をするような会社は要注意

 

人間がきちんとした健康診断を受けるのと同じで、家にもきちんとした診断が必要です。

 

耐震診断の結果わかること
  • 基礎の状況
  • 建物の傷んでいる箇所
  • 壁の状態
  • 小屋組、屋根の状態など…

 

あつし
耐震リフォーム以外にもシロアリの被害などの必要な工事がわかることもあるんだ。

 

はるこ
人間ドックだって数万円するものもあるものね。家をしっかりと診断するにはそれなりのお金が必要なのね。

 

人間と同じで、ある程度年月が経過している家には、詳しい診断をして、早期の治療をすることが大切です。

 

気になる耐震リフォームの内容とは?

 

では、耐震リフォームの内容を詳しく見てみましょう。

 

基礎補強

古い作りでは、丸い石に乗っているだけのものや、コンクリートでも鉄筋が入っていなかったり、経年や災害により劣化したりしてます。

 

基礎が弱っていれば家を支えることができません

 

引用:木造住宅耐震補強工法の紹介(以下全ておなじ)

 

腐朽した構造体の修繕

雨などの水分やシロアリによる腐朽、災害などにより破損している場合があります。

 

構造体が弱っていても家を支えられません。

 

耐力壁の増設、補強

地震に耐えるには耐力壁をバランスよく配置していなければいけません。

 

古い家には耐力壁がなかったり、充分耐力を発揮できないこともあるので増設や補強が大切です。

 

 

屋根の軽量化

重い屋根は地震時に家を潰す大きな原因になります。

 

 

その他(耐震シェルターなど)

家そのものをバランスよく地震に強くするためには思いのほか費用がかかることがあります。

 

家は強くできないとしても、生命を守る方法として、よく使う部屋のみを補強するやり方もあります。

 

 

中古住宅の耐震リフォームの費用や注意点まとめ

 

今回のまとめは以下の通りです。

 

「耐震リフォームについて」まとめ
  • 一般的な耐震リフォームは150万円くらい
  • 見積りを取るには耐震診断が必要(一般的な住宅での費用は12〜50万円)(※条件による補助金有)
  • 場合によっては白アリ駆除などの追加工事が発生することもある

 

古い家にはメンテナンスが必要ですが、新しい家にはない味わいがあります。

 

構造体をしっかり補強して末長く大切にしていきたいものですね。

 

あつし
僕は愛する人のためならどんな苦労も惜しみません。

 

はるこ
家もヒトも見た目よりも中身ですよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

耐震リフォームの補助金や減税について詳しく知りたい方はこちら。

耐震リフォームの助成金や減税ってあるの?国の補助制度を調査!

2020年3月13日

 

 

 

 

 

外壁や屋根のことでお困りではありませんか?

業者に問い合わせたら、営業されそうで心配・・・

問い合わせるまでもないけど、ちょっと聞きたい。

など、いつでも無料で相談にのります!

特に築年数が経過した実家リフォームが得意です。

気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です