耐震リフォームってどんなもの?いくらかかるの?相場は?予算は?

 

耐震リフォームのこと、知っていますか?

 

日本でも、世界でも……数年に一度は大きな地震が起こり、様々な被害が出ています。

 

地震が起こらないこと、大きな地震ではないこと、被害が出ないこと。

 

もちろんそれが一番なのですが、どんな地震がいつ起こるかは誰にも分かりません。

 

そんな中で私たちができることは、少しでも被害を減らすように考えて備えること。

 

例えば、手軽に準備ができるのは防災グッズを揃えたり家具を固定したりすること。

 

それと同時に、家の耐震性能をアップさせることを一度検討してみませんか?

 

手軽に工事することはできませんが、その分頑丈な家にして安心して過ごせるようになりますよ!

 

自宅は大丈夫?耐震リフォームはの一歩は耐震診断から

 

はるこ
地震の時、一軒だけ被害に合ってなかったってニュースで見たわね!

 

あつし

そうそう。

あのニュースは、「どのメーカーが家を建ててるの?」って話題になったね。

家が丈夫って、安心感があるもんね。

 

耐震リフォームを検討するのであれば、まず耐震診断を受ける必要があります。

 

耐震診断を受ける前に

自分でできる耐震チェックがあります。

はい・いいえの二択で答えるものなので、気軽にできますよ!

<すぐにできる!耐震診断セルフチェック!>

(誰でもできる我が家の耐震診断より抜粋)

  1. 建てたのは1981年6月以降
  2. 大きな災害に見舞われたことがない
  3. 増築をしていない、または建築確認などの必要な手続きを経てから増築した
  4. 家に傷んだところは見当たらない、またはその都度補修している
  5. 建物の平面図は長方形に近い平面だ
  6. 一辺が4m以上の吹き抜けはない
  7. 2階外壁の直下に1階のうち壁または外壁がある、または平屋建てである
  8. 1階外壁の東西南北どの面にも壁がある
  9. 瓦などの比較的重い屋根葺材だが1階に壁が多い、または屋根には比較的軽い材料を使っている
  10. 基礎は鉄筋コンクリートの布基礎またはベタ基礎、杭基礎である

引用:西部開発ブログ

 

この10項目のうち、「いいえ」が3つ以上あれば要注意です。

より詳しく調べてもらうために専門家に耐震診断を依頼することをおススメします。

 

耐震診断とは?

耐震診断とは、家の構造的強度を調べ、耐震性(想定される地震に対する安全性)や、受ける被害の程度を判断することです。

専門家が、壁や天井・屋根裏を見て回って、それぞれの材質やひび割れがあるかどうかで判断します。

診断を受けることによって、地震による家の倒壊の恐れがどの程度あるのかが判断できます。

耐震診断は、耐震性能を示す評点で計算されます。評点が1.0未満の場合、耐震リフォームが必要になります。

 

引用:技研

 

はるこ
家の近所にも古い家がたくさんあるのよね…

 

あつし
自分で行う耐震診断で一番分かりやすい目安は「1981年5月以前に建てられたかどうか」なんだよ。

それまでは耐震に関する法律が、今よりゆるかったんだよね。

 

はるこ
そうね。昔は耐震っていう言葉自体あまり聞いたことなかったもの。

 

あつし
この耐震診断の結果がもし「倒壊する可能性がある」になった場合は、リフォームの検討をおススメするよ。

 

耐震リフォーム費用の相場はいくら?

 

耐震リフォーム、リフォームする場所や内容によりますが、一体いくらくらいになるのでしょうか?

 

耐震診断を受けて、ある程度リフォームする場所の目途がついても、費用の見当がつかないと始められませんよね。

 

外壁工事費用は幅910mmあたり、平均13~15万円。内壁は幅910mmあたり平均9~12万円となっています。
また、屋根の工事は1m2あたり1.5万円~2万円、基礎の工事は1m2あたり平均4~5.5万円です。

これをもとに、都内の一般的な住宅で考えると、壁の耐震を行った場合、1軒あたり150~500万円、屋根の場合は100~150万円、基礎の耐震では100~150万円ほどかかると見込まれます。

引用:エコリフォーム

 

あつし
もちろん、これはあくまで目安だよ。

家の状態によっては費用が増えることもあるし、耐震以外のリフォームを考えてたりしたら、一緒にリフォームを依頼することで、値引きしてもらえることもあるからね!

 

はるこ
そうよね!塗装工事も一緒に頼んじゃえば足場を組むのが1回で済んだりするものね。

 

あつし
そうそう。

大きい工事になればなるほど何回も工事するよりは割安になるね。

 

実際の耐震リフォーム事例紹介

 

リフォームで何をするか?どこまでするか?によって費用は全く変わってきます。

実際にどんなリフォームをして、どれくらいの費用がかかるものなのか、を紹介したいと思います。

 

例1 木造住宅に耐震金物を取り付ける

引用:高棟建設

 

引用:価格.com

 

1回のリフォームで例えば10個の耐震金具を取り付けた場合、20~40万円程度が中心的な価格帯です。

一例ですが、耐震金物の取り付けが30万円、壁の補修などの内装工事が10万円で、総額40万円となります。

 

補足
【耐震金物とは】

地震に備えるため、土台と柱、柱と梁など構造部分をしっかりと繋ぐための金物

 

あつし
悪徳業者になると、金物を取り付けるだけで100万以上かかるっていってくる場合もあるんだって。

 

はるこ
100万以上って倍じゃないの!!

やっぱり業者はしっかり選ばないとダメねぇ。

 

例2 外壁に耐震パネルを取り付ける

引用:垣﨑住設

 

引用:価格.com

 

家の外壁材を剥がし、耐震パネルを取り付けたうえで、新しく外壁材とかぶせる工事です。

壁は壊さないので、比較的工期が短く済むのがメリットで、柱と土台の結合を強めることができます。

 

例3 屋根を瓦屋根から金属製へ

引用:夢リフォーム ウオハシ

 

引用:価格.com

 

日本瓦を使用していて重い屋根を金属系の素材にして軽くする工事です。

日本瓦に比べると重さは1/6程度で建物の上が軽くなるので、地震で揺れても大きな被害を防ぐことができます。

 

あつし
ほかにも、耐震リフォームをしながら、室内に耐震シェルターを設置するっていうリフォームもあるよ!

 

はるこ
耐震シェルター?

シェルターってことは、隠れるところってこと?

 

あつし
まぁ、そうだね。

地震で住居が倒壊しても、寝室や睡眠スペースを守ってくれる場所のことだよ。

寝室をそのままシェルターにしておけば、寝ている間に地震が起こっても安心でしょ?

 

はるこ
それは心強いわ!

地震が起こってもすぐには動けないものね。

 

あつし
そうそう、それに家に介護してる人とか寝たきりの人がいる場合も安心だよね。

 

耐震リフォームするなら、お得な補助金制度を調べよう!

 

補助金制度の利用を検討しよう!

自治体によっては耐震改修などのリフォームで補助金制度を実施しているところがあります。

引用:リフォマ

 

古い住宅が多く残っている現実があるので、補助金制度も今後より充実したものになっていくと思います。

とは言え、条件補助金の金額などは自治体によって違ってきますので、リフォームする際には確認してみましょう。

 

特別減税制度で節約!

所得税額の特別控除

耐震改修にかかった費用の10%相当額(上限25万円)が所得税から控除されます。

 

固定資産税額の減額措置

1戸当たり120㎡相当分まで、固定資産税が半額になります。

 

耐震リフォームってどんなもの?いくらかかるの?相場と予算まとめ

 

耐震リフォームと一言で言っても、工事内容、かかってくる費用はその住宅によって様々です。

 

そして大事なのは「耐震のためにできることは、全部しておいても損はない」ということです。

 

地震はいつ起きるか、どの程度の被害が出るのか全く予想できません。

 

大きな被害を出さないよう、できるだけの準備をして備えておきたいですね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

外壁や屋根のことでお困りではありませんか?

業者に問い合わせたら、営業されそうで心配・・・

問い合わせるまでもないけど、ちょっと聞きたい。

など、いつでも無料で相談にのります!

特に築年数が経過した実家リフォームが得意です。

気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です