屋根塗装の時期は本当に10年なの?塗装に最適な季節はいつ?

 

一般的に屋根塗装の塗り替え時期は約10年と言われていますが、本当にそうなのでしょうか?

 

屋根は、普段生活していて目につかないですが、日々家を守ってくれる大切な場所です。

 

家全体を太陽熱・雨水・紫外線から守るために、毎日と~っても大切な役目を果たしているのです!

 

その分、塗り替えの時期を逃して屋根が劣化すると・・・家が受ける影響は大!

 

塗り替え時期を逃して雨漏りや屋根剥がれなどが起きないようにしましょう!

 

『屋根の塗り替えに適した時期と季節』を徹底調査しましたので、ぜひ参考になさってくださいね!

 

屋根塗装に最適な時期は?

 

屋根塗装には耐用年数があります。

 

一般的には10年と言われていますが、この年数は屋根材の種類・塗料の種類・環境によって変わります!

 

まずは、ご自分の家の屋根材と塗料種類を確認してみてください。

 

屋根材と塗料のそれぞれの耐用年数を調べて、年数が近づいてきた頃が屋根塗装を考える時期になりますよ。

 

屋根材の種類による耐用年数の違い

 

まずは、屋根材ごとの耐用年数をみていきましょう。

 

屋根材
塗装の耐用年数 塗装の有無 主な特徴
粘土瓦
20-30年 不要 塗装が可能な塗料が近年発売された
セメント・コンクリート瓦 10-15年 必要 現在生産不可の瓦
化粧スレート 7-8年 必要 ※新築で人気の屋根材
天然スレート 7-8年 必要 ※新築で人気の屋根材
トタン 5-8年 必要 この中で1番安い屋根材
ガルバリウム鋼板 10-15年 必要 ※リフォームで人気の屋根材(金属の屋根材)
銅板 100年 不要 お寺など

 

屋根材の違いによって、だいぶ耐用年数に違いがあるのが分かりますよね。

 

特にトタン屋根のお宅は、新築でも5~8年で屋根の塗り替えが必要になってきます。

 

新築に多いスレートの屋根材も、7~8年の耐用年数ですね。

 

塗料による耐用年数の違い

 

屋根材による耐用年数の違いと合わせて考えたいのが、塗料種類別の耐用年数の違いです。

 

屋根の塗装では“下塗り用塗料”と“上塗り用塗料”があり、順に塗装を施工します。

 

今回の耐用年数は“上塗り用塗料”から計算します。

 

ぼくのオススメレベルも合わせて、表にしてみました。

塗料 耐用年数 メリット デメリット おススメレベル
アクリル塗料 3~7年 最安値 耐用年数が短い ×
ウレタン塗料 8〜10年 比較的安価

密着性は高い

耐候性が弱い
シリコン塗料 10〜15年 汚れ・色褪せに強い 密着性が低い
フッ素塗料 15〜20年 耐候性が高い

汚れ・色褪せに強い

高価である

 

同じ塗料でも、色の違いや水性・油性の違いなどによって多種多様な種類がありますよ。

 

 

屋根塗装の塗料に関しては、こちらの記事もご覧くださいね。

【屋根塗装種類別リフォーム】塗装単価の費用相場を比較!

2020年2月16日

 

屋根材による耐用年数と、塗料による耐用年数を合わせて考えても、屋根材の塗装の時期は10年を目安にした方がよいと言えますね。

 

はるこ
屋根材と塗料で耐用年数が違っても、ひとまず10年経ったら塗り替え検討って考えるといいのかしらね

 

あつし
そうだね。トタン屋根は比較しても耐用年数は短いけど、他は基本的に10年目安になりそうだね。あとは、地域の事情もあるから一概には言えないんだけどね…

 

屋根塗装をする時期の目安となる劣化状況

 

ここまでの記事で、屋根材と塗料の耐用年数による塗り替えの時期が分かってきましたね。

 

では、耐用年数だけを気にすればいいのでしょうか?

 

答えはNOです!

 

ご自分の家の屋根に劣化のサインがないか、確認してみましょう。

 

劣化のサインに気付くポイント

・ひび割れなどの破損はないか

・屋根にズレが生じていないか

・屋根が沿っていて隙間になっていないか

・カビやコケは発生していないか

・色褪せをしていないか 

 

 

【劣化した屋根の例】

引用:ガイソー

引用:ガイソー

 

屋根は普段見えない場所なので、気付かない間に劣化が進行している事があります。

 

屋根の劣化が進むと、二次被害が発生する可能性も!

 

二次被害の例

雨漏り

シロアリ被害

シックハウス症候群

 

家全体に及ぼす影響が非常に大きいので、屋根塗装のメンテナンスを怠らないようにしましょう!

 

屋根塗装に最適な季節は?

 

かなり広範囲の塗装作業になるので、基本的には塗装が『早く乾燥する季節』が最も適していると言えます。

 

温が5度以下で、湿度が85%になると塗装の施工は出来ません。

 

また、あまりに強い夏の日差し下では塗料が揮発しやすく、塗料の密着率の低下が起こってしまいます。

 

 

日本は地域によって気候が異なりますよね。

 

では日本の気候下では、どの季節が屋根塗装に適しているのでしょうか?

 

屋根塗装をする季節は春が最適

日本の気候を平均して考えると、屋根塗装に最適な季節はということになります。

各季節ごとに、ざっくりとメリットとデメリットを記載した表はこちらの表をご覧ください。

引用:株式会社千成工務店

 

上記の表は、比較的年間を通して安定した気候である、太平洋側の気候を基準としています。

 

下記のように、日本列島は南西諸島・日本海側・太平洋側によって気温と降水量が異なりますね。

 

引用:Try it!

 

では、雪や雨の多い日本海側の地域ではどうでしょうか?

 

雪や風雨災害の多い地域に適切な時期は?

 

気温5度以下・湿度85%で塗装が出来なくなる為、年間を通して雪や風雨災害の多い地域では屋根塗装に最適な時期が短いです。

 

積雪地帯は雪の影響を受けない時期で、尚且つ梅雨や台風の来る秋を避ける屋根塗装の日程を調整するのが最適でしょう。

 

雨風災害の多い地域は、梅雨や夏の台風の時期を避けると、雨風災害の多い地域の屋根塗装で最適な季節はと言えます。

 

夏と冬の屋根塗装で注意したいのは塗装の時間帯

日本の気候を考慮するとが屋根塗装には最適と言えますが、しかし他の季節が全て適してしないよいうわけではありません。

 

日照時間や気温を配慮して塗装の時間帯に注意すれば、屋根塗装はどの季節でも施工が可能です。

 

特に、夏と冬の屋根塗装を選んだ場合には、塗装施工の時間帯に注意が必要です。

次の季節には、避けた方がよい時間帯があります。

  • 冬:霜や結露の出やすい時間帯
  • 夏:直射日光が燦々と照り付ける時間帯

 

ご自分の地域によって、最適な季節と時間帯を選んでくださいね。

 

屋根塗装の費用の相場

 

次に、屋根塗装にかかる費用についてお伝えします。

 

家の中でも広範囲の塗装になるので、しっかり予算立てをして計画していきましょう。

 

屋根塗装の費用って実際いくらかかるの?

屋根塗装の費用は、約30坪の広さで30~70万円が相場になります。

 

引用:ヌリカエ

屋根材や、塗料の種類によって費用は変わってきます。

 

屋根塗装依頼のポイント

【1,外壁塗装も検討すること】

屋根塗装の時期に気が付いたら、外壁塗装も検討してみましょう。

 

高所作業に必要な足場を作るのに30坪程度の広さの場合には約10万円から20万円ほどかかります。

 

屋根塗装の費用の内訳は、こちらです。

 

引用:株式会社ひかりペイント

 

この費用が1度で済めば、塗装工事にかかるトータルの予算が減りますね♪

 

【2,相見積りをすること】

いくつかの屋根塗装業者に見積りを依頼し、比較検討するのはとても大切です。

 

手間と時間がかかりますが、業者選びをきちんとしておかないと施工不良や悪徳業者に騙されかねません!

 

大変でも3~4件の塗装業者に見積りを出してもらってくださいね。

 

【3,最適な時期を指定すること】

屋根塗装業者への依頼時期で、基本的に費用が変わることはありません。

 

先程お伝えした屋根塗装に最適な(3月,4月)は、業者にとっても繁忙期になりそうですよね。

 

実際にこの時期は、新年度が始まる前の引っ越しシーズンなので、リフォームや塗装業者は大変忙しくなります。

 

もし、繁忙期に屋根塗装を予定するのなら、屋根塗装の耐用年数を確認した上で、早めに予約をしてくださいね

 

あつし
4月からのスタートに向けて、3月はあちこちで家の塗装やリフォームをしているよね

 

はるこ
そういえば♪うちのお向かいさんも、3月に屋根と外壁の塗り替えしていたわ!屋根が艶々になって気分スッキリの春って、すごくいいわよね~

 

 

予算内で納得のいく屋根塗装をする為には、事前の知識が必要ですね!

 

いよいよ、屋根塗装業者に依頼しよう!

 

塗装の頻度や季節、費用の概算とコストダウンのポイントが分かりました。

 

実際に業者に見積り依頼をしてみましょう。

 

見積り依頼の方法

塗装業者への依頼方法には、いくつかあります。

 

主な方法は以下になります。

 

・業者への電話・メールでの問い合わせ

・インターネット申し込み

・実店舗へ直接相談

 

 

お好きな方法で見積りの依頼をしてくださいね♪

 

塗装業者を選ぶポイント

屋根塗装業者は支店のある大きな業者から、町の小さな業者まで沢山あります。

 

依頼する時には、塗装の施工知識がきちんとある業者を選ぶことが大切です。

 

 

はるこ
塗装の施工知識があるかどうかなんて、来てもらってもわからないわよね…

 

あつし
そうだね。では簡単に見積りの時のチェックポイントを伝えるね♪

 

 

 

施工知識があるかを確認するポイント

・見積り時に屋根に上ってしっかり現状確認をしてくれるか。

・適切な時期と時間に施工日を設定してくれるか。

・塗料の種類とメリットとデメリットの説明をしてくれるか。

 

 

また、塗装施工に関しての工事保証がきちんとついている業者を選びましょうね。

 

実は屋根塗装が終わってから、1か月もしない内に塗装が剥がれてしまったという実例も!

 

保証のない業者に依頼するのは施工後のトラブルがおこりやすく、とても危険です。

 

納得して屋根塗装ができるように、ポイントをおさえて業者選びをしてくださいね♪

 

屋根修理・塗装のトラブルに関しては、こちらの記事も参考にしてください。

屋根修理・塗装はトラブルや失敗発生率が高い!?事例8選をご紹介!

2020年2月18日

 

屋根塗装の時期は本当に10年なの?塗装に最適な季節はいつ?のまとめ

 

これまで、屋根材の種類と塗料によって塗装の耐用年数が違うことをお伝えしました

 

日本の気候の平均的な条件で考えると、屋根の塗装にもっとも適切なのは春でした。

 

しかし住んでいる地域によってその気候の違いから屋根のさらされる状況は違います。

 

屋根材と塗料の耐用年数と合わせて、お住まいの地域の状況を把握してみてください。

 

そして、屋根の塗り替えの時期を逃さないようにしましょう!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

執筆者の紹介

執筆者:あつし 有資格:外壁アドバイザー

リフォームの中でかなり費用がかかる屋根・外壁はとても施工面積が広いので、業者や素材の選び方次第で支払額がまったく変わってきます。このブログは有資格者の僕が、読者様が損しないように有益な情報をまとめています。執筆者のプロフィール>こちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です