TOTOハイドロテクトタイルに外壁をリフォームしたい!特徴をご紹介!

家の外壁を高級感があってオシャレな「タイル」にしたいとお考えの方も多いかと思います。

タイルと言えば初期費用はかかりますが、耐久性があってメンテナンスが楽という大きなメリットもあります。

今回はタイルの中でも、メンテナンスの回数を削減できる「ハイドロテクトタイル」についてご紹介したいと思います。

約10年程前に登場した新しいタイルで、気になってはいたけど・・・という方の為に魅力をご紹介します。

これから「ハイドロテクトタイル」に外壁リフォームを検討されている方は必見です!

目次

ハイドロテクトタイルとは?

ハイドロテクトタイルの特徴を説明する前にハイドロテクトについてお話ししますね。

そもそもハイドロテクトって何?

ハイドロテクトとは太陽の光や水の力を利用したTOTOの環境浄化技術です。

光触媒の特性を生かして、汚れを分解したり雨水で汚れを洗い流してくれます。

光触媒とは、光の力を使って、自らは何も変化することなく周りのものを変える(化学反応)働きをもつ触媒物質を指す総称で、 ハイドロテクトに使用している酸化チタン(TiO2)は、代表的な光触媒です。

引用:TOTO

酸化チタンに太陽の光(紫外線)が当たると活性酵素が発生して、菌や有機物を分解してくれる仕組みです。

引用:TOTO
あつし

ハイドロテクトは、太陽の光や雨などの自然エネルギーだけで建物の汚れを落としてくれます。

ハイドロテクトの効果

ハイドロテクトの効果は主に3つあります。

ハイドロテクトの効果
  1. セルフクリーニング効果
  2. 空気浄化効果
  3. 抗菌・抗ウイルス効果

1.セルフクリーニング効果

太陽の光でチリやホコリの付着を抑え、排気ガス、排煙が原因の油汚れを分解し、雨の力で汚れを洗い流します。

引用:TOTO

自然に洗い流してくれる事により、洗剤や洗浄する時の水の削減になり、結果的に環境保全にも貢献しているのです。

2.空気浄化効果

工場や自動車などの排気ガスや排煙に含まれる有害物質を、建物の外壁表面で除去して空気まできれいにしてくれます。

引用:TOTO

3.抗菌・抗ウイルス効果

ハイドロテクトは菌やウイルスを分解・減少させる事により、防臭・防汚などの効果を発揮。

ニオイや汚れの発生を抑えて、清潔が求められるキッチン、浴室やトイレなど室内空間のお手入れも楽にしてくれます。

引用:TOTO

このように、光触媒の特性を生かして、環境や暮らしに役に立つ製品にするTOTOの技術が「ハイドロテクト」なのです。

この技術は塗料やタイルなどを自社製品だけでなく、国内外の多くのメーカーと協業しています。

「ハイドロテクト」は様々な材料に使われ、地球や暮らしに貢献しています。

ハイドロテクトタイルのメリットは?

はるこ

 ハイドロテクトってTOTOが開発したものだったのね。

あつし

そうなんだ。ここからは、ハイドロテクトタイルにリフォームする時の、メリットを見ていくよ。

ハイドロテクトタイルのメリット
  • メンテナンスフリー
  • 綺麗な状態が保たれる
  • 汚れに強い
  • 変色や劣化に強い

まずはメリットについて、上から順番に詳しくみていきましょう。

メンテナンスフリー

ハイドロテクトタイルの耐用年数は約60年と言われています。

外壁材で現在最も普及しているサイディングは、10年〜15年程度でメンテナンスが必要なので、それよりも長持ちする事がわかります。

タイルは基本的にメンテナンスフリーと言われていますが、タイルの隙間を埋めるシーリング材は30年に一度、メンテナンスが必要になってきます。

初期費用はかかりますがメンテナンスの回数が少ないのでコスパの良い外壁材と言えます。

また、同じくメンテナンスの回数の少ない外壁材として「ラップサイディング」というものがあります。

ラップサイディングは、板材を1枚1枚重ねていく工法で、シーリング材は四隅と窓周りのみなので、一般的なサイディングよりもメンテナンスコストを抑えることができます。

詳しくは以下の記事でご紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

綺麗な状態が保たれる

ハイドロテクトの紹介でもお話ししましたが、ハイドロテクトタイルにはセルフクリーニング効果があります。

光の力で汚れなどを分解して洗い流し、いつまでも綺麗な状態を保つ事ができます。

引用:ニッタイ工業株式会社

TOTOの実験で上はハイドロテクトタイル、下は通常のタイルです。

タイルに汚れをつけて、雨水を想定して流していますが一目瞭然ですね。

この事でメンテナンスの回数も少なくなり、結果的に長持ちする事がわかります。

汚れに強い

ハイドロテクト加工に加えて、タイルに釉薬を塗る事でさらに汚れにくくなります。

そして光触媒の効果で藻やカビの発生を抑えてくれるのです

引用:ニッタイ工業株式会社

施工2年後の比較でもハイドロテクトタイルは綺麗な状態である事がわかりますね。

変色や劣化に強い

ハイドロテクトだけでなく、タイル自体が天然素材を原料としているので、変色しにくいと言えます。

また、サイディングなどは酸性雨などに弱いと言われていますが、タイルはアルカリや酸の影響を受けにくく、劣化しにくい素材です。

ハイドロテクトタイルのデメリットは?

はるこ

ハイドロテクトタイルへのリフォームってメリットばかりなのね!デメリットはないのかしら?

あつし

たしかに、メリットばかりでは不安だよね。

ハイドロテクトタイルのデメリット
  • 初期費用が高め
  • 圧力が加わると割れ(欠け)が発生する

初期費用が高め

ハイドロテクトタイルは作っている会社によって、価格も違います。

大体平均、5,500円〜13,000円/m2程です。

100m2の家の場合、材料費だけでも55万円〜130万円かかる事になります。

リフォームする場合、足場代や養生代などもかかりますのでサイディングに比べると割高です。

なお、価格は工務店によって異なりますので、検討する際は複数社に見積もりをとることをお勧めします。

圧力が加わると割れ(欠け)が発生する

ハイドロテクトタイルは割れやすいと言われています。

特に、壁と壁の結合部など職人が手作業で張り付ける部分のタイルは、作業過程で細かいひびが入ってしまうことがあり、割れの原因となることがあります。

割れてしまったタイルは、コーティングがはがれてしまうことにより、ハイドロテクトの効果を十分に発揮できない場合があります。

もし、タイルが割れていることを発見したら、補修することを検討しましょう。

ハイドロテクトタイルに外壁をリフォームしたい!特徴をご紹介のまとめ

今回はハイドロテクトタイルについて、お話ししてきました。

ハイドロテクトタイルのメリット
  • メンテナンスフリー
  • 綺麗な状態が保たれる
  • 汚れに強い
  • 変色や劣化に強い

ハイドロテクトタイルのデメリット
  • 初期費用が高め
  • 圧力が加わると割れ(欠け)が発生する

ハイドロテクトタイルは誕生して、まだ10年程しか経っていませんが、これから注目の素材と言えますね!

自然の力で壁の汚れも落としてくれて、環境に優しいなんて魅力的な素材ですよね。

外壁材の中では比較的費用はかかりますが、メンテナンスが少ないのは嬉しいポイントです。

外壁をハイドロテクトタイルにする際のお役に立てたら嬉しいです。

また、費用についてお話しした際に、複数社への見積もりをとることをお勧めしましたが、「ヌリカエ」を利用すれば専門アドバイザーによって、複数社から見積もりをとることができます。

自分で見積もりを取る業者を選ぶ手間を省きたい方は、ぜひ、利用してみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\信頼できる業者をお探しの方に/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる